結婚できないとお悩みのあなたへ。結婚を遠ざける考え方7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結婚できないとお悩みのあなたへ。結婚を遠ざける考え方7つ

若いころから婚活に力を入れている女性は増えていますよね。晩婚化が進む日本で、若いうちに結婚・妊娠・出産をしたいと思っている女性も少なくありません。

でも、婚活パーティで口にしているそのセリフ・・もしかしたらそれが結婚できない理由かもしれません。
婚活している女性じゃなくても、結婚を遠ざける考え方って存在するんです。そこで今回は、結婚を遠ざける考え方を7つご紹介します。

「わがままだから~」とか言っちゃう。など、結婚を遠ざける考え方7つ

男女間の友情を重んじている

男女間の友情を重んじている

男女間の友情・・それは時に同性間の友情よりも魅力に感じる場合があります。しかし、男友達を大事にするのはいいですが、度を超えると結婚から遠ざかる原因となりますよ!

女性から見ると、男友達って結構普通の考え方で、男友達がいるという女性は決して少なくありません。しかし、男性からはそうではないようです。

基本的に男性は女性を見るとき雌として認識します。でも、「彼女にするまでじゃないな・・」と思われた女性が、女友達としての地位を確立していくんだとか。

となると、男友達が多い女性というのは、誰の彼女にもなれない残念な女性ということになりますね・・
例えば、彼氏がいて・・とかなら話は別です。そして、すべてがそれに当てはまるわけではありません。

男友達は未来永劫彼氏になることはない場合が多いです。本当に大切な友達は別として、男友達と必要以上にコミュニケーションを取るのはやめた方がいいかもしれませんね。

「わがままだから」とか言っちゃう

女性には多いですよね。「私ってわがままだから・・」とついつい言ってしまう言葉ですが、これ、要注意なんです。
女性は謙遜のつもりで言っているこの言葉・・決して男性はそんな風に受け取っていません。

ほとんどの男性が「わがままってわかってるなら治すのが先だろ」と思っています。そう、わがままな女性って、男性には嫌われるんですね。

それをわざわざ公言する必要はありません。自覚しているなら、先にわがままを改善することに専念しましょう。

「40歳までに結婚したいな」発言

「40歳までに結婚したいな」発言

これを30歳超えてから言うのはとっても危険です。30歳までに結婚できなかった女性が、40歳で結婚・・その方が難易度が高いですよね。
女性は特に、若いころ微妙だった容姿が、年齢を重ねるにつれてキレイになる・・なんていうのはごく稀です。つまり、容姿に関しての条件は、若いころよりも確実に低くなっているということ。

40歳までに!なんてのんきな発言はしていられません。
目標設定として口にするなら「30歳までに」が正しいですし、30歳を超えているなら「良い人がいればすぐにでも」というのが正解です。

「30歳になったら結婚できない」という考え方は間違い

長い目で見すぎてもいけませんが、「30歳までに何が何でも結婚したい!」と思うのは、男性に引かれてしまう原因となります。
その場合、結婚できれば誰でもいい感じが出てしまうことが多いからなんですね。

男性は、きちんと自分を必要としてくれる人と結婚したいと思っています。だから、1人の男性としてではなく、結婚相手として最初から見られることに引いてしまうんです。

結婚相手の条件に妥協しない

結婚相手の条件に妥協しない

これ・・結構女性には多いんですが、男性は引いてしまっている可能性大です。年収がいくらで、大企業に勤めていて、次男で・・なんていう条件をたくさん出している女性はたくさんいます。

確かにそれがすべて叶えば、何も不満なく幸せになれるのかもしれません。しかし、そんな条件に当てはまる男性は、婚活なんてしなくても結婚できちゃうんですね。

結局は妥協して結婚してもいいと思っているなら、「結婚相手には妥協しません」なんて口に出すものではありません。
そして、何一つ妥協せずに結婚できる女性なんて、ほんの一握りです。自分に見合った男性と結婚するのが一番良いんですよ!

「寿退社したい」と公言している

寿退社・・とってもいい響きですよね。
日本の女性は以前まで、結婚したら家庭に入って家事・子育てをするというのが一般的で、専業主婦の方が多かったです。

しかし、最近では共働き家庭が増え、子なし夫婦なら2人とも正社員・・なんてことも普通ですよね。寿退社の数もものすごく減りました。

憧れる気持ちはとってもよくわかります。
でもこのご時世、「寿退社したい」なんて公言すれば、それを聞いた男性陣は「あいつと結婚したら養っていかなくてはいけない」というプレッシャーを感じて、結婚したくない女に位置づけされてしまうんです。

寿退社については、あとからでも話し合えるので、誰にでも言うべきことではないですね。

結婚後のイメージがまるでない

結婚後のイメージがまるでない

女性の中には「結婚したい!」という割に、結婚後のプランが全くない人が少なくありません。確かに結婚をゴールだと考えている女性は多いのですが、それは間違いです。

結婚はあくまでスタート。夫婦生活を始めるスタートラインにしか過ぎないのです。
どちらかというと、男性の方が結婚後の生活のイメージがある人が多いんですね。結婚後のイメージが全くない女性と結婚すると、幸せは長く続かないということも男性は感じています。

まずは結婚したらどんな生活を送りたいか、子どもは何人欲しいとか、仕事はどうしたいかとか、具体的に考えることが重要です。

 

「結婚できないとお悩みのあなたへ。結婚を遠ざける考え方7つ」まとめ

いかがでしたか?
結婚を遠ざける考え方、意外と周りにいますよね。

ラッキーで結婚できる場合も少なくありませんが、多くのチャンスを逃してしまっていることに変わりはありません。今すぐに考え方を改善して、新たな出会いにプラスの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。