年上の女性が年下の男性に求める6つの恋愛心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
年上の女性が年下の男性に求める6つの恋愛心理

最近では年上女性と年下男性の年の差カップルが増えてきています。
20代前半のころは、「絶対に年上が良い」といっていた女性に限って、30代後半で年下男性と付き合っている・・なんてことも。

それにはどんな恋愛心理が隠れているのでしょうか?年上が良いと思っていた女性の心を変えてしまう変化は一体どんなところにあるの?

そんな疑問を解決すべく、今回は年上女性が男性に求めているものをまとめてみました!

年上女性が男性に求めているもの

素直さ

女性は素直な男性が好きです。それは、「自分好みの男性に育成したい」という女性の心理があるからですね。
社会の汚れた部分は知らない素直で純粋な男性に、惹かれる女性は多いようです。

年上女性が好きな男性は、積極的に素直さをウリにするといいでしょう。大人の女性の話に合わせようとしなくても大丈夫!
そんな必要はありません。若いからこその魅力はたくさん備わっているんですよ!

かわいさ

かわいさ

女性は時に、男性に対して「かわいい」という言葉を使います。女性の深層心理には、異性を可愛い、いとおしいと思う心理が備わっているのかもしれませんね。
それが愛情に直結する女性も少なくないのです。

娘には抱かないけど息子には抱く・・というような、異性にしか感じない愛おしさがあります。
どちらかというと母性に近い感情なのかもしれません。

精神年齢が高い女性が、年下男性を選ぶ理由の中に必ずといっていいほどの要素です。

初々しさ

30代になり、社会人経験が10年を超えると、女性には初々しさよりも色気や大人っぽさが出てきます。
しかし、女性は若いころの初々しさに憧れてしまうんですね。これは誰もが感じることで、老いに対しての恐怖でもあります。

しかし不思議なことに、若い人と過ごすと、自分も若々しくなっていくものなんですね。女性は、恋人に若さを求めることで、自分が若々しくいたいと感じているのかもしれません。

恋愛経験の乏しい20代男性と恋愛を経験して、新鮮なリアクションを見るのが楽しいという女性もいるほど。
若さとは、お金では買えない貴重なステータスです。

将来性

将来性

若い男性ほど、飛躍する将来性を持ち合わせています。今の時点で成功をおさめていなくても、これからの将来どうなるかわからないですよね。

成長を手助けして、成功に導くアゲマン女子は、年上女性である場合が多いです。年上女性は余裕があるので、男性の生活や仕事を応援してくれるというメリットもあります。
また、そうして成功に導いている自分が好きだったりするのです。

若い男性に大きな将来性を感じることは少なくありません。

年齢関係なく平等でいたい

女性は基本的に尽くしたいという願望があるので、年上男性と付き合うと自分だけ頑張りすぎて疲れてしまうこともしばしば・・。
そんな時に、年下男性に尽くされると、「この人となら平等に愛し合えるんじゃないか・・」という心理が働くんですね。

男女平等が唱えられる社会で、悲しいですが日本ではまだまだ男尊女卑の考え方が多いようです。
無下に扱われた経験のある女性にとって、「年上」というだけで尊敬の気持ちを持ってくれる年下男性に魅力を感じるのかもしれませんね。

本当の意味での平等を経験できるかもしれません。

年下なのに男らしい一面にキュン!

年下なのに男らしい一面にキュン!

年下男性が若いのは、いわば当たり前のことですが、そんな若い男性に「女性扱い」されると、女性はキュンとします。今まで年下の可愛い男子くらいに思っていた男性が、急に男になる瞬間を見たときですね。

デートの食事をおごってくれたり、道路は車道側を歩いてくれたり、レディファーストを実践してくれたり・・。そんな小さなことで女性は男の一面を感じることができるんです。

年上女性にアプローチしたい男性は、意識してみてくださいね!

 

「年上の女性が年下の男性に求める6つの恋愛心理」まとめ

いかがでしたか?
年上女性が年下男性に求めるものをまとめてみました!

女性の方が年上のカップルは最近一般的になってきました。可能性はおおいにあるということですから、諦めずにアプローチしましょう!

年下らしい一面と、男らしい一面とをうまく使い分けることによって年上女性の心をつかみやすくなるはずです。
逆に年上女性は、「こんなオバサン・・」と思わずに、積極的にアプローチしましょう!年上好きな男性も意外に多いものですよ!

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。