妊娠検査薬について(使用する時期や金額など)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠検査薬について(使用する時期や金額など)

妊活をしている女性にとって、妊娠検査薬はなくてはならないアイテムです。しかし、妊娠検査薬の正しい使い方はわかっていますか?

実際には、正確な使い方をせずに得た結果に一喜一憂している女性もたくさんいるんですね。検査薬の正しい使い方は、きちんと覚えておいた方が良いです。

そこで今回は、妊娠検査薬の仕組みや使い方をまとめてみました。

使用する時期など、妊娠検査薬の仕組みや使い方について

妊娠検査薬の仕組みって?

妊娠検査薬の仕組み、きちんと理解している女性は少ないと思います。そもそもなぜ尿をかけるだけで妊娠判定ができるのでしょうか?

妊娠検査薬というのは、尿中のHCG(ヒト絨毛ゴナドトロピン)というホルモンを検出して妊娠判定を行います。
HCGというのは、精子と卵子が受精し無事に着床すると、徐々に分泌されていくホルモンのことで、妊娠していなければ分泌量は増えません。

逆に言うと、HCGが尿中に排出されてしまう状況であれば、妊娠してなくても妊娠検査薬は陽性反応が出てしまうというわけですね。

妊娠検査薬を使用する時期は?

妊娠検査薬を使用する時期は?

これは、使用する妊娠検査薬によって異なります。
一般的に「妊娠検査薬」というと、生理予定日一週間後に使用できるものと生理予定日から使用できるものの2種類です。

生理予定日から使用できるものは早期妊娠検査薬と言われ、尿中のHCGが25mIU/mlで陽性反応を示し、一般的な妊娠検査薬はその倍の50mIU/mlで陽性反応を示します。
HCGの分泌量は人によって異なり、時間が経つにつれて増えていきますので、早期妊娠検査薬の方がはやく妊娠したかどうかを検査できるというわけですね。

それぞれの検査薬の取扱説明書にも記載されていますが、早期妊娠検査薬は生理予定日から、一般的な妊娠検査薬は生理予定日の1週間後からとされているものが多いです。
しかし、感度の良いものであれば、既定の日よりも早く陽性反応を見られることもありますので、フライング検査をしている女性も少なくありません。

フライング検査には、海外製の早期妊娠検査薬(価格が安いため)、日本製だと感度の良いチェックワンファスト、クリアブルー、ドゥーテストなどが使用されることが多いです。

薄く反応した場合は陽性?陰性?

一般的な妊娠検査薬は、妊娠しているかどうかを判定する判定線と、検査終了を意味する終了線の2本の線が出ます。
すると、終了線は濃いのに、判定線は薄い・・これって陽性?陰性?という場合が出てきてしまうわけですね。HCGの量によって、判定線が薄くなってしまう場合は珍しくありません。
フライングで検査した場合などによく見られることです。

薄い線も基本的には陽性の判断でOKですが、その1回の検査だけで判断してしまうのはおすすめしません。2~3日間を置いてもう一度検査してみるのがおすすめです。

1つ注意したいのが、「蒸発線」についてですね。判定線が出る部分に無色の線が出ることがあります。これは蒸発線といい、陽性反応ではありません。

後日検査をすると反応が出ない場合も多いです。判定は検査薬の説明書に書いてある通りの時間で行ってくださいね!

一方、判定線も終了線も薄い、または出ない場合は検査に失敗している可能性がありますので、もう一度検査することをおすすめします。

着床出血後、どのくらいで反応する?

着床出血後、どのくらいで反応する?

受精卵が子宮に着床するときに着床出血が起こる場合があります。不正出血のように1~2日で終わる場合もあれば、ごく少量ですが生理のように7日ほど続くこともあるようです。
着床出血は妊娠の症状の一つといわれているので、出血があると着床出血と思い、早く妊娠検査薬を使って確かめたい!と考える人もいるでしょう。ただし、着床出血があっても妊娠検査薬が反応するわけではありません。

着床出血というのは、一般的に排卵後3~10日の間に起こることが多いので、着床出血後一番早くて3日、遅くても10日後に、妊娠検査薬を使用することで陰性か陽性かの反応が見られるのではないでしょうか。

HCGの分泌量は人によって様々なうえに、着床出血かどうかの判断がまず難しいので、一概にこの日とは定めることはできませんね。

妊娠検査薬の金額は?

妊娠検査薬といっても、製造国や種類など様々ですので、価格はピンキリです。

一般的な薬局で取り扱っている生理予定日1週間後から使用できる妊娠検査薬は、700円前後が多いですね。通販などで購入すると500円台で購入できるものもあります。

早期妊娠検査薬に関しては、日本製ならチェックワンファスト一択で、薬剤師のいる調剤薬局でしか購入できません。
1本あたり750円くらいが相場です。

海外製のものは日本のものに比べて簡易的な検査薬ですが、そのほとんどが生理予定日から検査できるものとなっています。
1本あたりの値段は160円からありますが、まとめ買いになる場合が多いので、10本で1600円などの単位となりますね。

海外製のものは薬局での取り扱いがないため、海外から直接輸入で購入する場合がほとんどです。そのため、購入から到着までに時間がかかるというのがデメリットでもあります。

 

「妊娠検査薬について(使用する時期や金額など)」まとめ

いかがでしたか?
妊娠検査薬は正しく使わないと知らなくていい結果を知ってしまったり、大きなストレスになってしまう場合もあります。

あまり多大なストレスをかけないためにも、フライング検査をするなら最低でも生理予定日くらいからにした方がいいかもしれません。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。