社内不倫をばれないように続ける9つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
社内不倫をばれないように続ける9つの方法

現代社会では不倫は珍しい事ではありませんし、今や男性だけではなく既婚女性も普通に不倫をしている様な状況です。

しかし、出会いはどこにでも転がっているものではありません。不倫に限らず、恋愛は身近なところで始まりやすいものです。

不倫も職場で起きる可能性が高いと言われています。
ですが、職場によっては恋愛すらNGのところがあり、ましてや不倫と言う事になれば、周囲にばれた時は修羅場はまぬがれないでしょう。

そこで、ここではどうすれば社内不倫をばれないように続けられるかを考えていこうと思います。

基本的に会話をしない。など、社内不倫をばれないように続ける方法

まずは社内不倫がバレないようにしっかりとしたルール作りをする

まずはルール作りをする

多くの人が意外とルーズで、不倫においての交際でキチンとしたルール作りもせずになんとなくで付き合い続けます。
これでは、いつバレてもおかしくありません。

ズルズルと適当に付き合うのではなく、バレない為のルール作りをキチンとしましょう。

「将来的には妻と別れて君と結婚する」のような約束はしないようにする

不倫はどちらか一方が既婚者の場合もあれば、ダブル不倫で2人とも既婚者である場合があります。
どちらにしても、不倫の恋愛で告白する時は、大抵家庭が上手くいっていない、パートナーと上手くいっていないと言うケースがほとんどです。

いずれは離婚する、いずれは一緒になろうとその場の勢いで言ってしまいがちなのですが、これが一番のトラブルの元なのです。

不倫でのトラブルは一番避けたいものです。

特に社内不倫の場合は、そういった約束をしてしまった事が、バレてしまう原因にもなり兼ねません。お互いが大人なのですから、離婚や結婚は現実的ではないと理解する必要があります。

どれだけ好きでも、愛していたとしても、離婚や結婚の約束はするべきではありません。

不倫相手と会う時はできれば、着替えや自分の香りになる物(香水など)などを持つ事

常に着替えや自分の香りになる物(香水など)などを持つ事

不倫の場合、不慮の事態で一緒に泊ったりする場合に備えて常に着替えを持っておきましょう。不倫や浮気でバレる元で一番多いのが香りです。

例えば宿泊した場合、シャンプーやリンスなど同じものを使いますし、ホテル以外であってもとにかく香りがネックになります。
誤魔化す時だけではなく常に自分の香りを作っておき、不倫相手と会った後は必ず着替えた上で香り付けをしましょう。

意外な事でバレるのが秘密の恋愛なのです。

不倫していることは何が何でも人には話さない

何が何でも人には話さない

当然と言えば当然ですが、不倫をしていることはどんな事があっても人に話さない事は大前提です。

これは特に女性に言えますが、ついつい知人や友人に相談したくなりますが、どれほど親しくても信用出来ると思っても話してはいけません。
人の口に戸は立てらないと言う様に、他者に話した時点で漏れるものだと考えるべきです。

確かに不倫は辛い面もあり、人に話す事で楽になると考えがちですが、それでも話す事はバレるリスクがあると思っていなければならないのです。

酷な言い方をすれば不倫とはそういった恋愛だと言う事なのです。

職場では不倫相手とは基本的に会話をしない

社内不倫の場合、話をするとついつい普段話している言葉づかいが出てきたりします。

それだけではなく、自分達では気付かないかも知れませんが、交際している2人が話していると周囲は何となく普通とは違うと勘づいてしまいます。
最初は注意して話していても、慣れとは怖いもので知らず知らず気を抜いてしまうものです。

どれだけ注意してもこればかりはそう簡単に克服出来ないものですので、基本的に話さないと言う決まりを作りましょう。

職場近辺で会わないようにする

デートや、待ち合わせに至っても職場の近辺は絶対にNGです。
これは当たり前の話なのですが、意外と油断して職場の近辺で待ち合わせをしたりする人が多いのです。

不倫は気軽に考えては駄目です。注意は、しすぎるほどで丁度良いのです。ホテルに直行するにしても職場付近は絶対に避けましょう。

基本的に休日は合わさない、会わないようにする

社内不倫をしている場合は、よほどの理由でない限り休日に会う事は諦めましょう。土日祝日が休みの会社でも、シフト制の会社でも休日は会う事を控えるべきです。

土日祝日が休みの会社では、他の社員やアルバイト・パートも休みなのでどこで出くわすかわかりませんし、目撃される可能性も高まります。シフト制の会社では休みが頻繁に合ってしまう事になり、これもまた、そこからバレていく可能性があるのです。

社内不倫と言う特殊な恋愛なのですから、休日や昼間に会う事は最初から諦めて付き合うべきです。

不倫相手とのメールや通話履歴などの物的証拠は残さない

メールや通話履歴などの物的証拠は残さない

不倫の付き合いでは、物的証拠は全て消去しないといけません。
メールはもちろんのこと、通話履歴も消す必要があります。当然の事ですが、写真なども残してはダメです。

また、アドレスの登録名にハートなどを付けたり、特別な事をする事も控えましょう。ガラケ―の時代とは違い、スマホ全盛の時代にあって特別な登録名は、万が一デスクなどに忘れて置いてあると致命的です。

不倫相手とはSNSサイトでの友達登録ややり取りをしない

今の時代はFaceBookやTwitter、mixiなどSNSサイトが流行りです。しかし、不倫や秘密の恋がバレてしまう大きな一因となっているのもまたSNSサイトなのです。

友達登録などをした状態でうっかり誤爆するとそれで一気にバレてしまうのです。不倫をするならそう言ったSNSサイト自体の利用は避けるべきでしょう。

 

「社内不倫をばれないように続ける9つの方法」まとめ

いかがでしたか。
不倫はリスクの高い恋愛です。

現代では当たり前に不倫が行われているからと言って、不倫そのものが普通の事になっている訳ではありません。

特に職場不倫はリスキーなことこの上ないのです。下手をすれば職そのものを失いかねないからです。不倫をすると言う事は、色々な事を諦めると言う事なのです。

不倫初心者は特に不倫は普通の恋愛ではないのだと言う事をキチンと認識して、ここのアドバイスを参考にバレない様に務めましょう。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。