妊娠中のお寿司は大丈夫?食べてはいけないネタを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠中のお寿司は大丈夫?食べてはいけないネタを紹介

妊娠中、食生活に気を使っているかどうかと聞くと、「気を使っている」という女性がほとんどだと思います。
食べてはいけない食べ物、少量であれば問題ないものなど、妊娠中は規制がありますよね。

その数も意外に多いんです。
その中の食事の一つに「寿司」がありますね。妊娠中の食事にお寿司はありなんでしょうか?

海鮮大好きな女性にとっては、全く食べないのも無理がある話です。
そこで今回は、妊娠中にお寿司を食べる際の注意点と、食べてはいけないネタをご紹介しますね!

妊娠中寿司を食べる際の注意点と、食べてはいけないネタとは?

妊娠中の食事にお寿司って・・アリ?

妊娠中の食事にお寿司って・・アリ?

実際のところ、気になる質問ですよね。
そもそも、妊娠中に寿司を食べてはいけないと言われるのには理由がいくつかあります。

 

まず1つめは、魚に含まれる水銀が有毒であること。
水銀というのは通常、摂取すると排出されにくく、体内に蓄積してしまいます。妊娠中に水銀を摂取してしまうと、胎児に影響が出る恐れがあるのです。
一般的に、神経系の障害が残ることが多く、音に対しての反応が遅いなどが代表的な影響のひとつですね。

 

次に、食中毒の危険があることです。
お寿司は生ものですので、細菌も多く、食中毒の危険性が高まります。細菌の量は同じでも、妊娠中は自己免疫が低下しますので、妊娠前よりも食中毒になりやすいということなんですね。

厄介なのは、妊婦が食中毒になった時に、治療する手段がないということです。
通常、食中毒になった場合は強い抗生剤を投与して、体内の細菌を殺しますが、妊娠中は抗生剤の服用はできません。
食中毒が原因で胎児に何らかの影響が出るわけではありませんが、母体の安全のためにも生ものは控えた方が無難かもしれませんね。

食べてはいけないネタはある?

お寿司といっても、ネタの種類は豊富で、含まれる栄養素も違いますよね。
特に注意したい水銀が含まれるお寿司のネタは、金目鯛、メバチマグロ、本マグロ、メカジキ、クジラ、イルカ、サメなどです。
水銀を含む魚の中でも、比重の多い水銀を含んでいるため、より危険なんですね。

妊娠中にお寿司を食べるなら、これらのネタは控えるようにした方がいいかもしれません。

貝類は危険?

貝類は危険?

食中毒で代表的なのがノロウイルスですよね。かかってしまうと下痢や嘔吐で辛い思いをします。
感染力も非常に強く、家族への感染も心配されますね。

貝類には、ノロウイルスにかかる危険がありますので、十分な注意が必要です。
ボイルしたものを選べば問題ないと言われていますが、貝類に関してはボイルの時間が短いものも多いため、食べない方が無難です。

自宅でお寿司を握ればいいの?

お店で食べられないなら、自宅でやればいいのでは?そんな風に思った人もいるかもしれません。

しかし、自宅で寿司を握るというのは、あまりおすすめできません。お寿司は素手で握りますので、雑菌が繁殖しやすいです。
食中毒の危険が高まる恐れもありますので、自宅でお寿司は控えましょう。

妊娠中のお寿司には意外な注意点がある

妊娠中の食事に寿司は意外な注意点がある

妊娠中は、体重管理に悩んでいる女性が多いと思います。食べていないはずなのに増え続ける体重、増え続ける食欲に悩んでいる女性は多いです。

お寿司を1人前食べると、お茶碗の1.5倍以上の炭水化物を摂取することになるということをご存知でしょうか?
体重管理が厳しい場合は、白米は150g程度にと言われる場合があります。

お寿司1人前では約220gの酢飯を食べることになってしまいますので、太りやすくて悩んでいる女性にはおすすめできません。

 

そして、お寿司を食べるときに欠かせないもの・・なんだかわかりますか?
それは、醤油です。

醤油には、意外に塩分が多く含まれているので、高血圧やむくみのもとになるんですね。蛋白尿が出ている妊婦さんや、妊娠高血圧症候群の妊婦さんには厳禁です。

妊娠中の寿司の危険性を知らない人が多い

男性は、妻が妊婦さんであっても、妊娠中の食事の注意点などは知らない場合が多いのです。
男性は、妊娠が自分の身体に起こっていることではないために、調べたりすることも怠ったり、そもそも、妻が妊娠中という実感がない人もいます。

女性は、「いちいちなんで私が教えなきゃいけないの?」と不満に思うかもしれませんが、男性とはそういうものです。妊娠がわかったら、マタニティ雑誌などを購入して、旦那さんにも見せることをお勧めします。

そして、実母や義母などのおばあちゃん世代も、これらの危険を知らない場合が多いです。
「昔はそんなことなかった」と言われても、「今は危険だと分かったので」と勧められても断る勇気を持つことが重要ですね。

 

「妊娠中のお寿司は大丈夫?食べてはいけないネタを紹介」まとめ

いかがでしたか?
妊娠中のお寿司、普通に食べても問題ない人は多いので、絶対に食べてはいけないということではないのではないかと思います。

しかし、1%でもリスクがあるわけですから、もし本当に妊娠中に異常が起きたり、胎児に異常が見つかったりした場合、自分を責めてしまう結果になりかねません。
それをわかったうえで、マタニティ期の食事を考えてみてもいいと思います。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。