気になる男性に!飲み会などで使える自然なボディタッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
気になる男性に!飲み会などで使える自然なボディタッチ

男性へのアピール方法として、ボディタッチを使っている女性は多いと思います。男性側も、気になる女性にボディタッチされるとドキドキしますよね!

これを真似したい!と思う控えめ女子は意外と多いってご存知でしたか?
そこで今回は、男性へのアピール方法としてボディタッチのテクニックをご紹介します。

気になる男性へのアピール方法として使える7つのボディタッチテクニック

一番手軽なのは「たたく」動作

ボディタッチって言われても・・どんなシチュエーションでタッチするの?と思う女性も少なくありません。普段からクセになっている人でないと、なかなかボディタッチってしないですよね。

そんな人が始めやすいのが、「たたく」動作です。たたくフリからでもOK!
「え~もうやだ~」と言いながら、相手を軽くたたきます。

軽い力でいたくない程度にたたくのがポイントです。

たたくができたら「なでる」動作

たたくができたら「なでる」動作

次は「なでる」動作です。
頭や肩、背中などに振れながらなでることが多いですね。相手の男性を褒めたり、慰めたりするときに使う動作です。

褒めるというのは、好意のアピールに効果的なので、チャンスがあればたくさん使いましょう。

褒められてうれしくない男性はいません。

ハイタッチも自然なボディタッチのひとつ

ボウリングでストライクを決めたら、当たり前にするハイタッチ。これは普段の会話の中でも使うことができるテクニックです。

ハイタッチが使えるのは、「2人の気が合った瞬間」ならいつでもOK!
「来週の週末、カラオケとかどう?良くない?イェーイ!」みたいなノリです。「イェーイ」と言われて手をあげられたら、つられてあげてしまいますよね。その心理を利用しましょう。

手が冷たいor手が小さいアピールをする

これは女子にありがちなアピール方法ですよね。
「私超冷え性なんだよね!触ってみて~」「○○くん、手すごい大きいね!私超小さいよ!」といって相手の手に触るというテクニックです。

触ってみてと言われると触ってみるのが男の性・・意外と簡単に使えるテクニックですよ!条件がそろわないと使えないテクニックではありますので、冬場は積極的に使いましょう。

腕相撲を挑んでみる

「私腕相撲めっちゃ強いんだよね!」と腕相撲を仕掛けましょう。実際に強くなくても、相手は男性ですから負けて当たり前です。

逆に、勝ってしまってもプライドを傷つけてしまって面倒です(笑)自分から強いって言ったのに負けたことが笑い話にもなりますから、一度使ってみてくださいね!

もちろん指相撲でもOK!でも手の大きさが違いすぎると不利になるので、腕相撲の方がおすすめです。

「私結構鍛えてるんだよね」と二の腕を触ってもらう

自分から触るのが恥ずかしい女性は、触ってもらえばOK!
女の子の二の腕は、胸と同じ硬さと言われているので、二の腕を触った男性は胸を触っている気分になっているかもしれません。

全然自信がない人は、「○○くん、二の腕太いよね!鍛えてんの?私何もやってないから超ぷにぷにだよ~」といって差し出せば、ほとんどの人が触ってきます。
これは、ぽっちゃり体型の人には使えないテクニックなので注意してくださいね!

自分の二の腕がリアルに太い、もしくは彼の好みが超細い女性の場合はおすすめできません。

髪を触らせて特別感をアピール

髪を触らせて特別感をアピール

女性にとって髪って結構重要で、好きな人以外に触られたくない場所ではないですか?
勝手に触られると嫌悪感を抱くこともしばしば・・そういう女性は少なくないので安心してください。そして、それを男性もなんとなくわかっています。

男性から女性へのボディタッチで、「頭ナデナデ」がありますが、これは男性側も意外と高いハードルなんです。相手に好意を持たれていることを確信していないとできないテクニックでもあります。

そこで、自分から髪を触ってもらうんですね!「昨日シャンプー変えたら髪サラサラになったよ!触ってみて!」という軽い感じでOKです。

髪を触らせてくれたことで、男性もガードがゆるみ、話しやすくなるかもしれませんね!

 

「気になる男性に!飲み会などで使える自然なボディタッチ」まとめ

いかがでしたか?
ボディタッチ、なかなか難しいですね。

会話の流れでうまく組み込んでいけると、自然とボディタッチができるようになっていきます。
また、意中の男性に対してだけでなく、男友達や場合によっては女友達に対してもチャレンジしてみましょう。慣れると自然にできるようになってくるはずです。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」

SNSでもご購読できます。