知らない女性も多い。高齢出産のリスクとメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
知らない女性も多い。高齢出産のリスクとメリットについて

近年、晩婚化が進み、第一子出産時の平均年齢もどんどん高くなっています。実際に35歳以上で初産を経験したママも多いのではないでしょうか?

「子どもは早く産んだ方がいい」というのは、よく聞く話ですが、高齢出産のメリットとリスクはきちんと知っていますか?
高齢出産というと、リスクばかりが注目され、泣く泣く赤ちゃんを諦める女性もいる中で、そのメリットについては多くを語られることはありません。

しかし、35歳以上で出産する高齢出産だからこそのメリットがたくさんあるんです。そこで今回は、高齢出産のメリットとリスクをまとめてみました。

メリット→子宮がんのリスクが減る?高齢出産のメリットとリスクとは?

メリット① 余裕を持って育児ができる

一般的に高齢出産とは、35歳以上で初産を迎えることを指します。35歳以上の女性というと、10年以上社会人経験のある女性が多く、精神的にも大人の女性ですよね。

そんな中での子育ては、若くして出産するよりも余裕をもって乗り越えられます。
また、生まれてからの育児に関しても、これまでの経験から、余裕を持っていどめると言われています。

メリット② 経済的な余裕がある

経済的な余裕がある

35歳以上の女性は、それまでの社会人経験と共に、夫の収入面も20代の時と比べ随分と上がっていることでしょう。夫婦共働きだと余計に金銭的にも余裕がある場合が多いです。
体力面では、若くして出産する女性に劣りますが、経済力によってその不足を補うことができます。

ベビーシッターを利用したり、一時保育を利用したりするなどの息抜きができるため、経済的余裕は、育児をするうえでも重要なメリットともいえますね。

メリット③ 若返る・・?

妊娠すると、ホルモンバランスが大きく変わります。
なかなか妊娠しなかった女性の場合、一度妊娠することで、ホルモンバランスが整い、妊娠しやすくなるというデータもあるほど。

妊娠中は特に、ホルモンバランスが整って、肌の調子が良くなるという話もよく耳にします。産後も、小さな子どもと接しているだけで、実年齢よりも若く見えることが多々あるんです。

メリット④ 子宮がんのリスクが減る

子宮がんのリスクが減る

このメリットは、知らない女性が多いですね。
25歳以前に出産した女性と、高齢出産を経験した女性とを比較したデータでは、30代以上で出産した女性の方が、子宮がんのリスクが17%も減ることがわかりました。

35歳から39歳女性では32%、40歳以上になると44%もリスクが減っていたんです。
アメリカでは、100歳以上の女性の中には、40歳以上で出産した女性の人口が明らかに多いことがわかっています。

 

リスク① 流産

妊娠と同時に不安になるのが「流産しないか」という心配だと思います。全年齢を通して、流産する確率は10~15%と言われていて、決して珍しいことではありません。

しかし、35歳以上になると、その確率は20%ほどに増加します。卵子の老化によるものが主な原因と言われていて、予防策はありません。

リスク② 先天異常の確率が高まる

先天異常の確率が高まる

先天異常とは、胎児に何らかの奇形や障害がある状態で生まれてくることです。そのリスクは、35~39歳で2.02%、40歳以上で2.38%に増加します。
一般的に、ダウン症のリスクが増えるというのはよく耳にする話ですが、妊娠中に羊水検査などをする人も多いですよね。

最近では、出産する産院ですすめられる場合もあるのです。
とはいえ、リスクは上がれどそのリスクは数%なので、あまり気を落とさず、考えないようにすることも大切ですね。

リスク③ 妊娠高血圧症候群

妊娠中毒症と言われる疾患の一つで、むくみ・蛋白尿・高血圧など様々な症状があらわれます。
特に高血圧には注意を払わなければならず、食事制限・栄養指導・体重管理に至るまで、徹底的に指導が行われるのです。

年齢や、その症状の程度によっては、管理入院になる場合も少なくありません。
放っておくと、母体が危険にさらされ、常位胎盤早期剥離といって、胎盤が先にはがれてしまう原因にもなり得ます。

常位胎盤早期剥離は、母体だけでなく、赤ちゃんも危険にさらされるので、そうならないために陣痛促進剤や帝王切開で早産になる場合も少なくありません。

体質などにもよって、なりやすい女性もいるので、高齢だからといってかかるわけではありませんが、高齢出産になる場合は十分な注意が必要です。

リスク④ 帝王切開のリスクが高まる

帝王切開のリスクが高まる

高齢出産ということを理由に、出産する妊婦さん自身も、担当する医師も弱気になりやすく、医療介入が早くなるケースが多いです。

ただでさえ、出産は命の危険を伴うもの。
それが高齢出産となると、赤ちゃんもお母さんもリスクが大きいのですね。

しかし、帝王切開に関しては、若いお母さんの場合でも、帝王切開になる場合は少なくないので、「リスク」ととらえるかはお母さん次第かもしれませんね。

帝王切開での出産になったとしても、それは赤ちゃんとお母さんの安全を一番に考えた方法だということは忘れてはいけません。

リスク⑤ 妊娠率の低下

女性には、卵子というたまごが生まれたときから卵巣に存在します。卵子は、やがて赤ちゃんになるたまごなのですが、実は生まれたときから増えることは決してありません。
その数は減っていく一方なのです。

しかも、思春期を終えるまでにその半数以上が失われると言われています。そして、卵子も私たちと同じく年を取るので、高齢になればなるほど、老化した卵子しかなくなっていくのです。

そうすると、状態の良いたまごが少なくなり、少しずつ妊娠できる確率は減っていきます。高齢になればなるほど不妊治療が多いのはそのせいなのかもしれませんね。

妊娠しても、出産までに様々なリスクが伴い、妊娠が継続できない状態に陥ることもあるため、排卵してから出産まで、順当にいく確率が少なくなってしまうのも事実です。

 

「知らない女性も多い。高齢出産のリスクとメリットについて」まとめ

いかがでしたか?
高齢出産のメリットとリスクをご紹介しました。

「高齢だから」と諦めている女性もいるとは思いますが、無事に出産できるかどうかは医師にもわからないことです。
ですから、「子どもが欲しい」と思った時に、早めに行動することが重要ですね。

少しでも若ければ、そのリスクは低くなるかもしれません。
今は医療の技術も進み、産婦人科の先生としっかり相談して安心できるお産に挑める体制が整っているので、これから高齢出産に挑もうという女性は、安心してお産に挑んでくださいね!

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。