結婚前に同棲ってどうなの?同棲することのデメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結婚前に同棲ってどうなの?同棲することのデメリットについて

結婚前に同棲をした20代のカップルは半数を超えると言われます。
確かに、結婚をしてから相手の困った一面を発見しガッカリするよりは、お試し的な感覚で同棲をする事でその危険を回避する利点はあります。

しかし、恋愛の延長感覚で同棲を始めてしまうと、そこには思わぬ落とし穴もあるようです。
今回は少し視点を変えて、結婚前の同棲に潜む意外なリスクについて考えて行きましょう。

ストレスがたまるなど、結婚前に同棲することのデメリットについて

男性の結婚への意識が鈍る

男性の結婚への意識が鈍る

男性の多くは「結婚」をマイナスのイメージで捉えています。自分のお給料を結婚相手のために使うのに違和感を覚えると本音を漏らす男性までいるほどです。

でも、それでも結婚を考えるのは、「一人でご飯を食べたくないという気持ち」や、「家事をするのが面倒くさい」という気持ちがあるからです。しかし同棲をしてしまえば、殆どの場合女性が家事をしてくれますよね。
そうなると、「結婚しなくても同棲でいんじゃない?」「このままで十分」と結婚への意思が弱くなってしまう恐れもあります。

女性は、結婚をある程度意識しながら同棲をする事が多いのですが、男性はそうではなく「事実が同じなら良い」と考える傾向があるので、結果的に結婚が遠のいてしまうんですね。
簡単な気持ちで同棲をしてしまうと、関係がナアナアになりケジメがつかず「長い春」になるカップルが多いのも事実。

結婚を考えているのであれば、同棲の期間を決めて「この期間までに彼が結婚をしてくれなかったら別れる」くらいの気持ちでいたほうが良いでしょう。

妊娠しても相手に責任を取ってもらえない可能性がある

同棲は、結婚と違うので妊娠しても法的に完全に守られるわけではありません。同棲をするカップルの中には「できちゃった婚」をするカップルが多いですよね。

やはり妊娠のリスクは普通のお付き合いよりも高まるのでしょう。
しかし、同棲中に妊娠をして彼に「今は無理だよ」と中絶を進められる女性も多く、認知して欲しいと頼んでも「本当に俺の子か?」など酷い言葉を言われる女性もいるようです。

今は、DNA鑑定の技術が進み血液だけでも親子関係を調べることが出来るようになりました。
でも、相手の男性が嫌だと言った場合、法律的に無理やりDNA鑑定をさせる事は出来ず、結果養育費などの負担をしてもらえない可能性も高いんです。

これって結構リスキーな話だと思いませんか?
女性にとって、出産はとても大切なもの。それを相手の男性に「知らないよ」と言われる事も、結婚前の同棲には考えて置かなければならない事なのです。

自由な時間が無くなりストレスがたまる

自由な時間が無くなりストレスがたまる

同棲は共同生活です。楽しい時間だけではありません。それを理解していないと同棲ストレスでお互いに疲れ破局につながります。
もちろん、自分に使えるお金も減りますし、自由な時間だってなくなります。

お互いにある程度、目が届く位置にいるからこそ相手の行動が気になってしまい束縛をし合って苦しくなる事も考えられます。これを乗り越えない事には結婚にはつながらないのですが、簡単な気持ちで同棲を始めてしまうと、「楽しくないから別れる」というインスタント同棲になり心が疲れてしまいますね。

同棲する前には、盛り上がった気持ちだけ話を進めるのではなく落ち着いて、しっかりと現実を見ながら彼を話を進める必要があります。

 

「結婚前に同棲ってどうなの?同棲することのデメリットについて」まとめ

いかがでしたか?
今回は、結婚前に同棲ってどうなの?同棲に潜む意外なリスクを3つお話しました。

同棲前に話し合っておきたいことは大きくみて3つあります。
1つ目は、お金をだしあう割合について。2つ目は結婚の意志があるかどうかについて。3つ目はお互いに違う生活習慣や価値観を埋め合わせていける気持ちがあるかどうか。
この3つは同棲をする前に2人でしっかり話し合うべきことです。

それを避けて同棲をしてしまうと、一緒に暮らし始めてからどちらかが不満を持ちそれがいつか爆発。別れという最悪な事態になってしまう事もあります。
目的と責任をもって同棲をする。そのくらいの強い覚悟が必要なのかもしれませんね。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。