良き夫とは?結婚相手にしたい男性の後悔しない選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
良き夫とは?結婚相手にしたい男性の後悔しない選び方

一生に一度しかない(と思いたい)結婚、誰もが失敗したくないと思っているはずです。
しかし、実際のところ日本でも離婚率も上がってきている・・・。これって、これから結婚する人たちにとってはとってもイヤな風が吹いていますよね。

結婚に失敗しないためには、「人を見る目」を養うことが大切です。男性の本当の姿を見抜く目を持っていれば、きっと失敗はしないはず。

そこで今回は、素敵な旦那さんと出会うための「後悔しない結婚相手の選び方」をまとめてみましたので、ご紹介します。

女性編はこちら≫良き妻とは?結婚相手にしたい女性の後悔しない選び方

経済力は必要?など、結婚相手にしたい男性を選ぶ8つのポイント

相手の人間性を把握できていますか?

相手の人間性を把握できていますか?

今、お付き合いしている彼の本当の人間性、把握できていますか?

結婚してから離婚までによくあるのが、「夫が結婚前と結婚後で変わってしまった」と感じることです。
女性は特に、そう思うことが多いよう。それは、結婚前に本当の人間性に気付けていないからなんですね。

例えば、車の運転をしている彼を見たことがあるでしょうか?運転中の男性は、とても無防備になるもので、運転中の会話や運転操作にまでも性格が顕著に出てきます。

荒い運転をする男性は、攻撃的な性格であることが多いので、注意が必要ですね。また、お酒を飲んだ時にも、男性の性格を見抜くチャンスがやってきます。お酒を飲むと、暗くなる人、明るくなる人、怒りっぽくなる人などいろんな変化が見られますよね。

酔っぱらっているときの性格は、その人の本性である場合が多いのです。
酒癖の悪い人とは間違っても結婚してはいけません。

普段の生活でも、家族との接し方を注意してみたり、ものを大切にするかなどを見ると、男性の性格がわかってきますよ!

相手男性を尊敬できていますか?

結婚生活を長く続けるのに必要なのは、尊敬の気持ちです。

どんなに好きでいても、尊敬の気持ちがないと喧嘩が多く仲の悪い夫婦になってしまいがち。どんなことでも構いませんので、尊敬できる部分を見つけましょう。

しかし、それは自然と見つけられるほうが良いですね。無理やり繕った尊敬の意は、自分自身によって論破されてしまうからです。
女性は精神年齢も高く、彼がたとえ年上でも、なかなか尊敬の気持ちは抱けないもの。

「尊敬できる人」と出会うというのは、とっても重要なことなんですね。

あなたと価値観は合いますか?

あなたと価値観は合いますか?

彼との価値観は、合っていますか?

離婚理由に「価値観の違い」という言葉をよく耳にしますよね。もちろん、それだけが理由ではないと思いますが、これはとても重要な要素です。

価値観とは、教育・金銭・精神的に合っていないとお互いにひどい疲弊をもたらします。価値観の合わない人と無理に結婚すると、それを埋めるためにずっと無理をせねばならず、疲れてしまうのです。

そもそも生活水準が違うと、共同生活自体が厳しくなるので、少なくとも金銭的価値観は合っている人と結婚することをおすすめします。

家庭環境や、学歴なども関係してくるので、自分が気になることは結婚前にきちんと確認しておくといいでしょう。

思いやりがある男性ですか?

「思いやり」はとても大切ですが、意外に欠けている男性が多いのも事実です。

また、男性側は思いやっていると思っていても、女性からすると「そんなの思いやりじゃない!」なんてことも多々。なかなか難しいですよね。

しかし、優しさや愛情があるかどうかは、この先長い結婚生活を続けていくのに絶対に必要なことです。自己中心的で自分勝手な人と一緒にいたいと思う女性は少ないですよね。
大切にしてくれる人かどうか、きちんと見極めることが大切です。

結婚前に、デートをできるだけ多く重ねた方がいいですよ!同棲しているカップルなんかは、一緒に住んでいるためにお互いのことをわかっていると思いがちですが、外に出てみないと気付けないこともあります。

家の中で許せても、外では許せないことがあったり、家の中ではしないのに、外ではしている嫌な一面なども見つけられるかもしれません。

経済力はどのくらい必要?

経済力はどのくらい必要?

婚活している人の中には、「最低条件が年収1,000万以上」なんて言っている女性も少なくないと思います。

自分自身がお金持ちの女性や、逆に、幼いころ実家で貧乏な暮らしをしていた人なんかは、特に結婚相手の年収にこだわりがち。
確かに、お金がなさすぎると夫婦間のケンカのもとになる場合も多いので困りものですよね。

よって、「生活に困らないくらいの収入」は必要だと思います。
お金がなくても愛があれば・・・というのは、2人で生活しているころまでの話で、子どもが出来たらそうも言っていられません。

現実的に考えて、必要最低限の収入がある人を選ぶべきですね。しかし、どれだけお金を持っていても、それ以外が全然ダメな男性とは絶対に結婚しない方がいいです。

お金があっても幸せになれない、一番不幸なパターンに陥ってしまうかもしれません。

パートナーはすぐに感情的になりませんか?

男性で感情的になる人って、なかなか少ないと思いませんか?

女性はケンカするとすぐ感情論でものを言います。女性同士だとそれが原因でものすごいケンカに発展することもありますよね。しかし、男女間のケンカは、女性の興奮が治まるまで、男性が引いてくれるのがうまくいく秘訣。

しかし最近、すぐカッとなって感情的に怒る男性に苦労している女性が多いんです。将来的に、モラハラやDVなどに発展する場合もありますので、注意が必要ですね。

きちんと見極めてから結婚を決めましょう。

女性(あなた)を優先してくれる人ですか?

女性(あなた)を優先してくれる人ですか?

これは難しいポイントなんですが、女性というのは基本わがままな生き物です。そんな女性と、長年連れ添うには、女性を優先する心がある男性がgood!

もちろん女性も、それに甘えていてはいけませんが、「女は3歩後ろを歩く」なんて今は通用しない時代になってきましたよね。
女性の社会進出が進むにつれ、家庭で女性がどんどん強くなってきています。

それで良しとする男性であれば、家庭もうまくいくのですが、「家事育児は女がするもの」と考えている男性はまだまだ多いのが現実。優先していると見せかけて、我慢しているだけの男性には注意が必要です。

我慢して優先させてくれる男性は、一見優しく見えますが、しばらくすると我慢に限界がきて爆発してしまいます。

我慢させてしまう関係にならないよう、十分に見極めなければいけませんね。

家庭的な男性ですか?

最近、少子高齢化で子どもの数が減ってきましたね。2~3人兄弟が一番多く、子だくさんの家庭は少なくなってきています。

その影響もあってか、結婚するまで実家暮らしという男性が増えてきているのも事実です。実家暮らしというと、お金もかからないしとってもプラスな感じもしますが、マイナス面ももちろんあります。

実家に住んでいる男性の身の回りのことは、全部お母さんがやっていることが多いということ。そういった男性は、身の回りの家事が一切できず、結婚しても洗濯機の使い方すらわからない・・なんて人も。

そうすると、家事は全部妻がやる羽目になってしまうのです。専業主婦で、子どももいなければそれも可能ですが、そんなものは一時しかありません。

共働きの家庭も増えていて、子どもも生まれることを考えると、家事には協力的な男性と結婚するのがいいですよ!

 

「良き夫とは?結婚相手にしたい男性の後悔しない選び方」まとめ

いかがでしたか?
結婚相手を選ぶポイントを8つご紹介しました。

結婚というのは、ただの契約ではありません。男女の間に、愛と、一生添い遂げるという強い意志が必要です。
難しいことかもしれませんが、相手を見極めるところから、結婚生活は始まっていると思って、きちんと考えて結婚することをおすすめします。

愛だけの関係でも、愛のない割り切った関係でも結婚生活は長くは続きません。
長く続く結婚生活を続けるためには、きちんとした相手を選ぶことと、一生添い遂げるという覚悟が必要なんですね。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。