ディ―プキスの方法5つ。これで気になる男性もメロメロに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ディ―プキスの方法5つ。これで気になるあの人もメロメロに♪

男性をその気にさせたいのなら、キスの仕方をしっかり覚えておく必要があります。
男性の多くは、キスで「エロスイッチ」が押されると答える人が多く、キスが上手に出来るようになると、マンネリ解消につながりセックスレスを招く可能性を減らす事だってできちゃうんです。

今回は、男性を虜にするディープキスのやり方をこっそり伝授します。

恥じらいをにじませる。など、女性必見!正しいディープキスの方法

ディープキスの前に。あなたの唇ガサガサしていませんか?

キスの前に。唇ガサガサしていませんか?

どんなに上手なキスをしても、唇がガサガサしていたら台無し。
最初に唇と唇が触れたときに「あっ柔らかい」と男性に感じさせると、そこから異性を感じ取った男性のエロスイッチを押し、彼をメロメロにすることができます。
明日は絶対に彼をとろけさせちゃうぞ!と意気込んだ前日に、しっかりと唇のケアをしておきましょう。

唇の保湿は、リップを塗るだけでは不十分。
入浴してやわらかくなった唇にワセリンをたっぷり塗り、ラップでパック!
5分から10分位したらラップを取り指で優しくクルクルとマッサージして硬くなった皮を除去します。
その上から唇用の保湿クリームを塗って寝れば完璧!

フェロモン香水をつけてキスに挑む

フェロモン香水をつける

第2のポイントは、香りです。
男性は、視覚で女性を捕らえ脳にとどめ色気を感じ取ります。しかし、キスの最中は目をつぶっていますので、視覚は遮断されます。
そうなると次に脳に直結しているのは香りなので、男性は香りで女性に対し色気を感じるようになるのだとか。

普通の香水でもOKですが、ベット用のフェロモン香水をつけてキスに望めば完璧!
インターネットで検索するとすぐに見つかるので、好みの香りで商品を選んでみてはいかがでしょうか?

キス前、キス中に恥じらいをにじませる

男性は、女性が恥ずかしそうにするところに「萌え」を感じるみたいです。
いくら、彼が魅力的で食べちゃいたいくらい可愛くても、唇にむさぼりつくのはNGですよ!全然恥ずかしくなくっても、恥ずかしそうな演技はしっかりとしましょう(笑)

ディープキスをする時は、初めから舌を入れるのではなく、相手が舌を入れてきそうなタイミングで口の力を弱め、招き入れるような感じくらいで大丈夫。
相手の舌が入ってきたら舌先をつんつんと舌でつつく程度の動きをするだけで男性に「もっとシテ」という気持ちを伝えることができるでしょう。

キスをしながらおしゃべりしてみよう

真面目にキスに取り組むのが恥ずかしい貴女は、キスをしながら言葉をささやいて見るのも盛り上がる1つの方法です。

「大好き」「愛してる」なんて言葉が有効。
特に付き合いたてのカップルはあまり激しく唾液を絡ませると男性に引かれてしまうこともあるので、ベロベロ激しいディープキスはさけ、舌を絡ませたら少し休憩、というように休憩を挟みながらゆっくりキスを楽しんで!

お付き合いが長いカップルは、彼を興奮させるためにもう一歩先に進みましょう。
キスしている時、男性はエッチな気持ちになりかけているので「きもちいいよ♡」とか「舌がからまるとヌルヌルして変な気分💛」とエッチな言葉をささやくのも悪くありません。

これで彼のエッチなスイッチを押すことができるので、マンネリカップルも盛り上がるキスができる事間違いなしです。

上級者編!ディープキスをしながら彼の耳の穴に指を入れる

ディープキスをする事にも慣れているカップルは、もう少し彼を感じさせる事に専念してみましょう。

キスをしている最中に、彼の耳に優しく触れ、彼の耳の穴の中に自分の指をそっと差し込みます。
耳に指を入れられると音が聞こえづらくなる代わりに、自分のキスをしている口の中の音が体に響いたように大きく聞こえ、とってもエッチなんですよ!

このキスをして、落ちない男性は絶対にいません。
マンネリが進み、キスから先になかなか進まなくなったカップルは試して見ても良いかもしれませんね!

 

「ディ―プキスの方法5つ。これで気になるあの人もメロメロに♪」まとめ

いかがでしたか?
今回は、彼をとろけさえちゃうディープキスの仕方についてお話を進めました。

ポイントは、視覚以外の男性の機能をフル活用させること。香りで刺激したり、音を遮断しキスに集中させるなど、ちょっとしたコツで彼をメロメロにさせちゃうことができます。

どうですか?次のキスのタイミングが楽しみになってましたよね♪素敵なラブタイムを楽しんでくださいネ!

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。