男心がわかる!男性から女性への好意のサイン6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男心がわかる!男性から女性への好意のサイン6つ

少し前の世代の男性は、積極的な人が多く好意のサインも簡単に見抜けました。しかし、最近の男子は「草食系」と呼ばれ、自分の気持ちを中々アピール出来ない人も増えているんです。

そのため好意のサインが見抜けず、意中の男性を脈無しと切り捨て、もったいない状態になっている女性が結構多いんですよ。

今回は、男性から女性への好意のサインを状況別に紹介しながら、お相手の男性の気持ちを読み解いていきましょう。

携帯電話から好意のサインを見つける

携帯電話は、今や自分の分身とも呼べる機器ですよね。その携帯電話のやり取りで相手の好意のサインを見つける事も可能です。
連絡がくる頻度や内容で貴女に好意を持っているか判断できるので、意中の彼とのやり取りをもう一度見直して見てください。

特に用事も無いのに連絡が来る

特に用事も無いのに連絡が来る

男性は、基本的に用事が無ければ連絡をする事はありません。そのため、特に何も用がないのにLINEや電話が来る場合、それはあなたへの好意のサインと受け取ってOKでしょう。

「何してる?」と貴女の今を聞くような態度が見えたら脈アリ!会話を続けて楽しい雰囲気作りを心がければあっという間に仲良くなれてしまいます。

動画や、音楽を送ってくる

男性は好きな女性には、趣味など自分のことをわかってもらいたいと考えます。そのため、You tubeの動画を送ってきりする事も好意のサインとして受け取って良いでしょう。

自分が好きな音楽や動画を自分が好きな女性にも共感してもらいたいと思うから送るのです。好きな男性から動画や音楽などが送られてきたらできるだけ「いいね!」などと共感して距離を詰めましょう。

ラインやメールをしていると、絵文字やスタンプがよく送られてくる

絵文字やスタンプがよく送られてくる

男性は、基本的にLINEにスタンプを多様しません。中には、たまに使う人もいますが頻繁に使われるようになったら好意のサインです。
相手の女性に自分の気持ちを伝えたい!誤解されたくないという気持ちでスタンプを使い和ませようとしているわけです。

意中の男性のLINEに絵文字がスタンプが多くなったら・・攻め時かもしれませんよ!

 

職場で好意のサインを見つける

同じ会社にいる男性に恋をしている人も多いかもしれません。でも、会社では外向きの顔をしている男性が多いので中々好意のサインが見抜けない・・なんて思っていませんか?

でもじっくり観察するとしっかり好意のサインは出ているものです。どんな行動が好意のサインか早速見ていきましょう。

≫「同僚との社内恋愛を成功させるコツ!

仕事の相談をしてくる

男性はプライドがあるので、信頼した人にしか仕事の相談をしません。意中の男性が、仕事の相談を貴女にする場合、あなたの事を信頼して話をしているので、好意があると受け取ってOK。

まだ、走り出したばかりの気持ちかもしれないので焦りは禁物ですが、相手の男性の気持ちに寄り添う事で仲を深める事が可能でしょう。

仕事のミスをフォローしてくれる

仕事のミスをフォローしてくれる

好きな女性が困っていたら助けたいと思うのが男性です。そのため、仕事のミスをフォローしてくれる事が増えたら、それはあなたへの好意のサインでしょう。

また、ミスをする手前でこっそり教えてくれたりするのも好意のサイン。相手が困ってしまう事を出来るだけ回避してあげたいという思いやりです。
「嫌味なヤツ」と受け取らず、自分を心配してくれてるのかもと受け取った方が正解です。

女子同士の話に耳を傾ける

会社の休み時間に女性同士で「合コンに行った」などの話をすることがあるかもしれません。そういう時に、貴女に好意を持っている男性なら必ず聞き耳を立てているはず。

好きだからこそ、その女性がどんな恋愛をしているか気になってしまうのでしょう。女子同士の話に入ってきたり「合コンどうだったの?」なんて聞いてくる場合は脈ありと受け取ってOK。

「男心がわかる!男性から女性への好意のサイン6つ」まとめ

いかがでしたか?
今回は、携帯電話編と仕事編に分けて男性の好意のサインを見ていきました。

どれだけ草食系の男性も、好きな女性の前では隠そうと思った気持ちがにじみ出てしまうものなのかもしれませんね!男性の好意のサインを見つけたら勇気を出してこちらからアタックするのも1つの方法。

勇気が出せずにじれったい男性も多いので、女性の方が最初だけでもリードしてあげるとお付き合いまでの発展性が格段に上がります。勇気を出して初めの一歩踏み出してみませんか?

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」

SNSでもご購読できます。