不倫→離婚の慰謝料相場と金額の決まり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不倫→離婚の場合の慰謝料の相場と金額の決まり方

離婚の理由で比較的多いのが「不貞行為」です。不貞行為とは、浮気や継続的な不倫などの行為のことを指します。

不倫と言うと当然相手が一方的に悪いと言えるのですが、果たして不倫で離婚する場合の慰謝料の金額とはどの程度になるのでしょうか。

そこで今回は、不倫で離婚した場合の慰謝料の相場と金額の決まり方について考えてみましょう。

慰謝料の前に、まずはしっかりとした証拠を集め不倫を確定させてから離婚する。

不倫されているから離婚して慰謝料をとりたい。そのためには証拠が必要です

不貞行為で離婚、でも証拠は必要

不倫されたから離婚したい!とは言っても、確実な証拠がなければ“不倫での離婚”とはなりません。何となくや、不倫してるっぽい。では全く話は聞いてもらえません。

問い詰めて自白させると言うのも、後でくつがえされる場合がありますし、あなたが嘘をついていると捉えられる場合もあります。
「不倫をしている可能性が高い。もししているなら離婚したい」そんな風に考えるならまずは客観的に見ても明らかに不倫していると言う証拠を集めるようにしましょう。

ただ、言える事は、慰謝料をいくらとろうが、証拠集めのために探偵や、弁護士も早くから雇ってしまうと慰謝料をとるはずが赤字になる場合もあります。

不倫疑惑の段階では大変ですが、自分で証拠集めのために奔走するしかありません。

証拠は見つけるだけでは駄目。証拠となるものを残しておく

例えば、証拠を集める時に、最も手早く気軽に出来るのはスマホやPCなどから得るのが一番です。しかし、こうして浮気などの証拠を発見しても自分のカメラやレコーダーなどのメディアに保存をしない人が多いのです。
見つけただけでは駄目ですし、見つけて問い詰めたとしても、後に消されてしまえば証拠にはなりません。

重大な事件ではないので、電話会社から通話記録をとったり、スマホやPCから消去されたものを復元すると言うところまではしてくれません。確実に自分の記録メディアに移し替えておく事が大事です。
その際には、必ず夫(もしくは妻)が送ったものと、不倫相手から送ってきたものとがわかる状態で保存して下さい。

また、会っているところを尾行して見付けても、食事をしたり、お酒を飲んでいるだけでは不貞行為とまではいきません。
やはり、ホテルに入る、相手の部屋に入ると言う決定的なものが必要です。また、それを目撃だけで済ませては駄目です。これもまた写真を日付入りで撮影する必要があります。
さらに、出入りの時間の確認も必要ですので、入ってから出てくるまで根気よく待つしかありません。

不倫の行動パターンを調べる

不倫の行動パターンを調べる

不倫の行動パターンをまず知りましょう。ある程度、証拠が揃ったら曜日や時間など不倫のある程度のパターンを把握しましょう。
興信所(探偵事務所)に依頼する際も、このパターンを知っていれば、最小限の金額で済みます。

興信所(探偵事務所)に依頼する

ここまで自分で証拠固めが出来たら、興信所(探偵事務所)に依頼をします。更なる証拠固めと客観的な不倫の証拠、そして相手の素性調査です。
ある程度の証拠固めを自分でしていれば、それほど長期の依頼にはなりませんので費用を抑えられるでしょう。

 

不倫の証拠が固まれば離婚の話を進め、慰謝料の金額などを決める

証拠が固まったら話し合いで慰謝料の金額などを確定させる

話し合いにおいては、双方の家族を呼んでおく事が重要です。2人で話しても開き直られたり、逆ギレされる場合もあるので、家族間で話し合う形にしましょう。
もし、出来るなら時間差で不倫相手も呼んでおくと効果的です。(これはなかなかな修羅場になりそうですよね・・・)

ダブル不倫の場合は相手のパートナーも呼びましょう。上手くいけば、その場で念書と、慰謝料の金額、離婚後の詳細が決まる可能性があります。
当然、不倫相手にも慰謝料を請求できます。
※法律事務所などを利用し間に入ってもらうことで話はスムーズに進みやすいです。

これで決まれば、法的な前例を超えた金額を得る可能性もあります。そもそも慰謝料には相場といった相場は存在しません。様々な条件によって金額が大きく変わるのです。

500万円から1,000万円の慰謝料を取れる可能性もありますが、重要なのはこちらからはあまり金額の提示はしない事です。
あまり金額のことや、金を支払えと迫ると逆に恐喝などで訴えられる可能性もあります。

念書は法的に通じるものにしておきましょう。判は、実印でなければ、拇印を押させます。

調停もしくは裁判離婚の場合の金額と相場

その場で決定されなかった場合は、調停もしくは裁判で決定されます。この場合は前例にならって、高くても300万円プラスアルファの慰謝料が限界と言われています。
不倫相手からも取る場合は、夫(もしくは妻)と併せて300万円ですので、双方から別々に300万円以上の金額をとるのは不可能です。

もちろん、不倫相手には後に民事裁判を起こしても良いですが、裁判費用を払って、支払ってもらえる金額はわずかですし、ほとんどが却下されます。

金額の決まり方は、程度の問題よりも、飽くまで夫(もしくは妻)の収入の問題、借金などの支出、生活に必要な金額などを考慮しての金額になります。

不倫が離婚原因でも慰謝料が30万円なんて例もありますので、調停や裁判に持ち込まれた場合、自分が正しいからと言って高額の慰謝料が取れるとは考えない事です。

 

「不倫→離婚の場合の慰謝料の相場と金額の決まり方」まとめ

いかがでしたか。
慰謝料と言うのは、日本の場合有名人であっても、ハリウッドの有名人の様な破額の金額が提示される事はありません。

日本の裁判制度は前例に倣うと言うのが慣例で、それで考えると300万円を楽々超えるなどと言う事はあり得ません。また、相手に支払い能力がないのにも関わらず、その能力から著しく離れた金額を提示しても現実的とは言えません。

仮に1億円の慰謝料を勝ち取っても、普通のサラリーマンが支払える訳もなく、結局相手は自分の財産全て持っていかれても精々1,000万円程度の価値しかないでしょう。
それから分割で払うと言っても、本人が生活出来ない金額を支払える訳もなく、そうなれば身を隠すだけです。

今や、消費者金融でさえ、身を隠してしまえば探し出してまで回収しようとしない時代です。裁判所や弁護士が身を隠した元夫(もしくは妻)を探し出してまで回収するとは思えません。

つまり、どれだけ正しくても、正論でも、全ては現実と法が決めた金額にしかならないと言う事です。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」

SNSでもご購読できます。