妊娠初期を見分ける9つの兆候

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠初期を見分ける9つの兆候

妊活している人は、生理予定日が近づくと不安と期待で胸がいっぱいになってしまいますよね。

妊娠を意識していない女性の場合は、生理が来ないことで妊娠に気付くことが多いです。

定期的に関係のあるパートナーがいる女性の場合、妊娠が無関係である人は1人もいません。
どんな避妊をしていても、妊娠する可能性は決して0%ではないからです。

妊娠初期症状を知っていれば、初期段階で妊娠に気が付けるかもしれません。
そこで今回は、妊娠初期を見分ける兆候をご紹介します。

眠い、体がだるいなど妊娠初期を見分ける症状

① いくら寝てもとにかく眠い

妊娠中の一番多い症状は「いくら寝ても眠い」と感じることです。
初期だけではなく、妊娠中通して眠気は妊婦さんを悩ませます。

眠気が続いたり、急に眠気に襲われたりするので、車の運転などは控えた方がいいでしょう。

② 妊娠初期には、たびたび出血がみられる

たびたび出血がみられる

妊娠初期の出血を生理と間違える女性が多いようですが、生理と妊娠時では出血のしかたに少し違いがあります。

妊娠初期は出血しやすく、そのほとんどが特に問題ないものが多いです。量は少量で、生理の時よりかは鮮血に近い色の出血が見られます。

妊娠による出血は、妊娠判定が出るまでは判断が難しく、不正出血と思う女性もいるようですね。
不正出血の可能性ももちろんありますので、生理予定日を大きくずれた少量の出血が見られた場合は一度婦人科を受診してみるのがいいかもしれません。

③ 胸の張りを感じるようになる

ホルモンの関係で、妊娠初期に胸の張りを感じることがあります。
しかし、胸の張りは普段の生理前にも感じる女性も多いため、これだけで妊娠の判断材料にするには薄いですね。

普段は感じないのに・・という方は、一つの目安にできるかもしれません。

胸全体が張ったように感じる、乳首が衣服に触れただけで痛む、張りだけでなくかゆみがあるなどの症状が見られたら、妊娠の可能性が考えられます。

④ 下腹部が痛くなる

下腹部が痛くなる

妊娠初期の下腹部痛は、起こる時期によって原因が異なります。
排卵日と生理予定日の間に起こる下腹部痛は「着床痛」の可能性、生理予定日以降に起こる下腹部痛は「子宮が広がる際の痛み」の可能性がありますね。

下腹部痛に関しても特に異常がある場合は少なく、正常な妊娠経過である場合も多いです。しかし、この症状も普段の生理前に起こることが多いので、見逃してしまう人がいます。

⑤ 食べ物の好みが変わる

妊娠すると、やがてつわりの症状が出てきます。つわりの症状の一つとして多いのが、「食の好みの変化」です。

今まで好きだったものを受け付けなくなったり、嫌いだったものを好んで食べたり・・
そういった食の変化は、妊娠初期のほとんどの女性が経験するので、見極めやすいかもしれません。

つわりの特徴で、特にすっぱいものを好む傾向があります。
トマトや酢の物などが食べたくなったら、「妊娠かも!?」と少し気にかけてみるといいかもしれませんね。

⑥ おりものがいつもと違う

普段からおりものに気を配っていますか?おりものは、女性の体の異変に敏感に反応します。

普段は粘度のあるおりものだったのが、妊娠すると白や透明のさらさらしたおりものに変化していくのです。
おりものの変化は重要な判断材料ですので、普段から気を付けてみるといいですよ!

⑦ イライラ・憂鬱感・脱力感などの気持ちの変化

イライラ・憂鬱感・脱力感などの気持ちの変化

妊娠・出産は、女性ホルモンがころころ変化するので、気持ちの変化がたくさん起こります。ナーバスになったり、イライラしたり、何事にもやる気が起きなくなったり・・・

生理前にイライラがすごいという女性は多いですが、妊娠・出産の時期にイライラに悩んでいる人も多いのです。
普段との違いを見抜くのは難しいかもしれませんが、生理が遅れている場合は可能性として妊娠が考えられます。

⑧ 基礎体温が上がり身体がだるくなる

妊娠中は基礎体温が上がるため、常に微熱状態になる女性も多いです。体温が37.0℃前後を行ったり来たりします。

普段平熱が低い人だと、この体温上昇によって、体のだるさを感じたり、熱っぽさから風邪を疑ったりしがちです。

体温は排卵日から上昇し始め、生理予定日を過ぎても少しずつ上昇し続けます。

風邪だと思って市販の薬を飲んでしまう女性も多いですが、あまりおすすめはできません。
妊娠超初期の時期は薬を飲んでも問題ないという考えもありますが、不安定な妊娠初期に安易に薬を飲むことで、先天性奇形が増えるという考え方もあるからです。

妊娠判定ができる時期になるまでは、安易な薬の服用はやめましょう。

⑨ トイレに頻繁に行くようになる

子宮が大きくなっていくにつれて、トイレに行く回数が増えたという女性はたくさんいます。特に妊娠初期と妊娠後期にはよくみられる症状です。

特に利尿作用のあるものを飲んだわけではないのに、1時間に何度もトイレに行きたくなる・・そんな症状がある方は、妊娠を疑ってもいいかもしれませんね。

しかし、女性に多い疾患として、膀胱炎なども考えられますので、見極めが難しいところです。

もし病院へかかるなら、膀胱炎の薬は妊娠中飲めない場合も多くあるので、婦人科で診てもらってからの方がいいでしょう。

 

「妊娠初期を見分ける9つの兆候」まとめ

いかがでしたか?
妊娠初期症状は人それぞれですね。

妊娠を症状だけで見極めるのは難しいですが、これらの症状を知っておくことで、妊娠の早期発見につながります。
妊娠が判明したら、そのほとんどが正常妊娠ですが、稀に子宮外妊娠をしている場合もあり、放置すると卵管破裂などを起こして命が危なくなることもしばしば・・・。

自己判断は危険ですので、何かおかしいと思ったらスグに病院で診察を受けてくださいね。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。