離婚で子供も自分も姓を変えず同じ戸籍にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離婚で子供も自分も姓を変えず同じ戸籍にする方法

離婚には色々な面倒な事がついて回ります。新しく住む場所や仕事、子供の学校や保育園、生活費の確保はもちろんのこと、色々な名義変更などもしなければなりません。

特に、離婚時に子供がいる場合、姓が変わる事で子供は学校などで大きな影響を受けます。自分自身も職場なので嫌なことを言われたりするかもしれません。

そこで、今回は自分も子供も姓を変えずに同じ戸籍に入る方法をお教えします。

自分と子供も姓を変えず、同じ戸籍に入るのはそんなに難しいことではない

離婚しても姓を変えずにいるメリット

離婚して姓を変えない事のメリットは、やはり子供のことでしょう。両親が離婚すると言う事は、子供の大きな傷になります。

それが、姓が変わらない事で学校などで周囲に両親が離婚したことを知られ、面白おかしく話題にされると言った事が避けられます。
姓が変わらないなら、子供から「転校したい」といった発言も出てきにくいでしょう。

ただ、戸籍まで移すと言う事になれば、色々なところへ離婚の報告をする必要がありますので、子供の事を考えた場合、戸籍だけは父親側に入れておく方がベストとも言えます。

自分自身も姓が変わらないので、世間体や面倒事が色々と避けられます。

ただ、もし実家に帰るのであれば、実家での旧姓と違う結婚後の姓を名乗っていると変に勘繰られる場合がありますので、時と場合によって決める様にしましょう。

離婚後、早めの対処で姓は変えずにいられる

離婚しても早めに対処すれば姓は変えずにいられる

離婚しても、現在は色々な便宜上、姓を変えずにいる事が可能です。
但し、離婚の際に申し出るか、離婚から3ケ月以内に申告し、手続きをする必要があります。

3ケ月を超えてしまうと、手続き自体出来なくなるので注意しましょう。

離婚届をもらいに役所へ行くと、「離婚の際に使用していた姓を称する届」の用紙がついてきます。
離婚の際に称していた氏を称する届の記入例

これに必要事項を記入し、離婚届と同時もしくは離婚から3ケ月以内に提出すれば、姓を変えずに済みます。注意しないといけない事は、離婚して夫の戸籍から抜けると、自動的に以前の戸籍へ割り振られます。

その場合は、以前の旧姓を名乗る事になりますので、姓を変えない場合は自分が世帯主となって新しい戸籍を作る必要があります。

子供の姓を変えず戸籍のみ自分の戸籍へと移す方法は?

自分自身が姓を変えずに新しい戸籍を作った後、この時点で子供はまだ父親の戸籍にあります。
これを移す場合には、自身の所在地管轄の家庭裁判所へ「子の氏の変更申し立て書」を提出する必要があります。

その際、添付する必要がある書類が、戸籍を移す子供の戸籍謄本、自分自身の戸籍謄本、連絡用切手と裁判所で購入する収入印紙です。
それと、認め印、父親の戸籍謄本、身分証明書、申し立ての費用800円なども必要になります。二度手間にならない様にシッカリ用意していきましょう。

もちろん、この場合は親権が自分にある必要がありますので、そこら辺の問題がキチンと解決している場合に限ります。

申し立てが通れば郵送で「審判書」が送付されるので、それを持って役所に行き子供の戸籍移動を行います。
例え、姓を変えないにしても、同じ姓というだけで父親と母親の姓は違うものと言う判断ですので手続きをしなければいけません。

離婚後、必ず子供の戸籍を自分の方へ移動しなければならないと言う事ではない

離婚後、必ず子供の戸籍を移動しなければならないと言う事ではない

しかし、必ずしも子供の戸籍を自分の方へと移動しなければならないと言う事はありません。
親権と、戸籍は同一とは考えられていませんし、親権と配偶者と言う事も同じではありません。

親権は母親にあっても、戸籍は父親のところに入っていても問題はありませんし、父親に親権があっても、母親の配偶者でもよいのです。

また、最近は子供の影響も考えて、離婚しても同居している「同居離婚」と言うケースもあります。この場合は、夫婦が他人になるだけで子供には、ほぼ影響がありません。
子供が成人するまでは同居離婚を。という夫婦も少なくないのです。

離婚しても子供はいつまでも夫婦の縁者(えんじゃ

離婚しても、子供は夫婦にとっていつまでも二人の子供であり続けます。どれだけ憎み合って別れても、それは二人の事。子供には何の関係もない事です。

母親が新しい戸籍を作るのは良いですが、例えばその場合はお墓の問題なども出てきます。
自分が全ての戸籍から抜けて、世帯主として戸籍を作ると言う事は一代目になり、自分で一から新しい家族を作ったと言う事になるのです。

その場合、メリットもあるかも知れませんが、デメリットの方が遥かに大きいでしょう。離婚したとしても、子供の問題だけは2人でキチンと責任を持つ事が重要です。

 

「離婚で子供も自分も姓を変えず同じ戸籍にする方法」まとめ

いかがでしたか。
今では、離婚をしても本人や子供などに負担が少なくて済む制度が色々とあります。

その内の1つが姓を変えないで名乗り続けられると言うものです。

また、戸籍も新たに自分の戸籍を作る事が出来、そこへ子供の戸籍も移す事が簡単に出来ます。
もちろん、親権とはまた別の問題となりますが、親権がある場合は、こうして子供にとって一番ベストな方法を選択していくのも親の責任であり、義務と言えるでしょう。

本記事を参考に、どうしていくべきか、決めたらどうやったら良いのかを考えてみて下さい。
実際の手続きでは、最近の役所は懇切丁寧に教えてくれますし、いろいろと尋ねても答えてくれますので、手続きでそれほど悩む事はありません。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。