その離婚大丈夫…?離婚して後悔する9のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
その離婚大丈夫…?離婚して後悔する9のこと

離婚をする時や離婚をしたいと思っている時は、離婚後に後悔するはずなんてない!と思うものです。
ですが、離婚に限らずどんな事にも後悔はつきものです。離婚後スグに後悔するというわけではなく、年齢と共に昔のことを思い出して後悔したり、自分の人生が上手くいっていないと「別れなければよかったな~・・」などと後悔したりするのです。

若い頃は、自分の選択した道だから、後悔しないし、例え後悔したとしても、しない後悔より、やって後悔した方が良いと言います。
しかし、しなかった時の後悔は、実際に体験していないのでどんな後悔かわからないですよね・・・。単なる想像でしかありません。

そこでここでは、離婚して後悔するであろう事をいくつかあげていきたいと思います。

離婚して後悔する事

パートナーが見付かれば良いが一人でいると孤独さを強く感じる

パートナーが見付かれば良いが1人だと孤独しか感じない

どういう離婚の仕方をしたかが問題になりますが、別れた後に自分が一人になってすぐの時期は自由を思う存分楽しむかもしれません。しかし、そんなものは独身時代にも経験があるので楽しいのは最初だけ。

すぐに孤独感が襲ってきます。

最初から結婚していなければ、一人になったときの孤独感というのものは感じないかもしれません。しかし、一時は結婚して温かい家庭があったでしょう。それがなくなる喪失感は大きいものです。

意識しようがしまいが、自然と孤独を感じてしまいます。

結婚したこと自体に後悔してしまう

結婚したこと自体を後悔しだすとキリがないのですが、離婚する様な結婚をした事に酷く後悔してしまいます。他にも良い選択肢があった場合には余計に後悔してしまうでしょう。

下手をすれば出会った事、交際した事にすら後悔することも・・・。

もう一度結婚できるのか・・・?これから一生1人かもしれないという寂しさからの後悔

離婚したからと言って、必ずしも次のパートナーが見付かるとは限りません。一度離婚すると、次の結婚に踏み込むのにも慎重になります。それは相手にとっても同じでバツが付いた人には何らかの問題があるのでは?と考えるのが一般的ではないでしょうか。

また、年齢的に若ければ良いですが、そうでない場合は大きなハンディを背負いこむ事になるのです。ずっと1人でいる事がどれほどの恐怖かは、孤独感が増せば増す程理解出来るようになるでしょう。

看病してもらえない…。病気になった時に辛くて後悔・・・

看病してもらえない…。病気になった時

病気なって身寄りがいなかったりすると、看病もしてもらえません。そうなると異常に寂しい気持ちになり、離婚した事に後悔する様になります。
人は気弱になると、それまで平気だった事でも辛くなってしまうものです。

そもそもの離婚自体に後悔。離婚するにも体力がいる

離婚を決めても、次の生活が固まっていないと引っ越しも出来ません。引っ越しするにしても、荷物の分配のことなどで大げんかになるかもしれません。

相手の親などが立ち会いに来たりすると居たたまれないことこの上ないものです。これほど酷くて面倒なら離婚なんてしなければ良かったと思うでしょう。

一番後悔するポイントかも。大切な子供に自由に会えない

大切な子供に自由に会えない

もし、相手に親権を持っていかれたなら、子供に自由に会えない辛さは想像を絶します。
つい最近まで、子供がいて、パートナーがいて、それなりににぎやかで温かな家に住んでいたのに、今は一人ぼっちです。

もし、実家に帰っても恥ずかしさとみっともなさもあり、とても楽しげでにぎやかとは言えません。そうなると、寂しさもひとしおです。
こうなると後悔する気持ちは、さらに加速します。

お金がない。生活費が厳しい中、1人で子供を育てる難しさに後悔

もし、親権を自分が持った場合、子供を育てながら働く必要があります。
しかし、経済的に余裕があればよいのですが、よほどの事でない限り子供を良い環境で育てながら1人で充分な稼ぎを得る事は難しいでしょう。

生活が満足に出来る生活費を稼ぐためには、長時間働かなくてはいけないこともあるでしょう。そうなると子供との時間を持つ事もままなりません。子供は寂しがりますし、片親である事に不満を持つかもしれません。

そうなると自分自身のストレスも相当なものになります。こんな生活を続けていると後悔しか残りません。

新しいパートナーが元パートナー以下・・・

離婚して新しいパートナーを見付けても、必ずしも前のパートナーより素敵な人とは限りません。
特にこういう時は目が曇ってしまっているのと、一度失敗したから、もう失敗しないと言う自惚れがあるので逆に駄目な人を選んでしまう事も多々あります。

また、人は結局隣の芝生が青く見え、調子の悪い時には自分だけが恵まれていないと考え、不満を抱きやすい傾向があります。すると前の方が良かったと思う人も意外と多いんです。

また、再び別れることを考えてしまい、その時の苦労がフラッシュバックして後悔しきりです。

結婚当時の楽しかった幸せな時を思い出し後悔する

人生には良い時も悪い時もあります。
離婚をしたい、別れたいと思っている時は、人生最悪だと思っているので後悔もしないと思う事でしょう。

しかし、そんな荒波が過ぎ去り、心が落ち着けば良い思い出も思い出す事でしょう。常に悪い思い出ばかりでは無かったはずです。

必ず幸せだった時もあるのです。そんな時は、「あの時は幸せだったな~」と後悔するかもしれません。

 

「その離婚大丈夫…?離婚して後悔する9のこと」まとめ

いかがでしたか。
今回は離婚して後悔する事について考えてみました。

離婚でもめているときは「後悔なんかするもんか!」と強い意志があるでしょうが、すでに気持ちが無くなっている相手でも、いなくなれば寂しいものです。

何故こんな事になったのか、自分の行いにも反省することになるでしょう。

人生の選択肢として“離婚”というものは「絶対に良くない」とは言えません。ですが、後悔はしないと考えるのは間違いかもしれませんね。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。