離婚時に慰謝料をできるだけ多くもらう為の7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離婚時に慰謝料をできるだけ多くもらう為の7つのポイント

欧米では珍しい事ではなかった離婚は、一昔前の日本では、決してポピュラーなものではありませんでした。
ところが、最近の日本でも離婚は珍しい事ではなくなってきました。

離婚を真剣に考えた時、そうなった場合、その後の人生をお互いによぉく考えなくてはなりません。
そうすると、財産分与や親権、養育費や住む家、そして慰謝料など無視出来ない問題は山積みです。

特に慰謝料に関しては、離婚を少しでも考えたことのある方なら頭をよぎるものではないでしょうか。
では、どうすれば慰謝料を多くもらう事が出来るのでしょうか。今回は、離婚時の慰謝料を出来る限り多くもらう事が出来る方法について掘り下げてみました。

離婚時に慰謝料を出来る限り多くもらうためのポイント

慰謝料はとれて100~300万円くらい

離婚するしないとなってくると、大抵はお互いが感情的になってしまいます。ですが、慰謝料というものは感情的になって金額が決まるわけではありません。法律的なものが決まる事はありません。

まずは、シッカリと離婚に関する法律について、ネットなどのあやふやな情報だけではなく、法律書や前例などを調べて勉強しましょう。

「相手が悪いから当然」、「私は傷付いたのだからこのくらいは貰って当然」と自分で思っていても、それが基準で慰謝料の金額等が決まるわけではありません。

正直なところ、日本の一般家庭における離婚の慰謝料は100万円から300万円程度です。
日本や海外の有名人基準に、マスコミがリークする様な大金が慰謝料として支払われる事は100%あり得ません。

100%相手の過失であったとしても、日本の法律では最高300万円プラスアルファがせいぜいです。ですので、その最高額くらいの慰謝料を手に入れる為にはどうするべきかを、法律的に知っておく必要があるのです。

慰謝料をとるには「誰が悪く、どれだけ悪いのか」の立証にかかっている

誰が悪いのか、どれだけ悪いのか。の立証に全てが掛っている

離婚時には、この、「誰が、どれだけ悪い」の立証に全てがかかっていると言っても過言ではありません。
どれだけ自分が酷い目に遭ってきたかを、切々と語ったところで、それを立証するものがなければスル―されるだけの話です。

離婚をすれば慰謝料がもらえる訳ではなく、慰謝料とは「離婚に至った理由での肉体的、精神的苦痛」、「離婚で生じる諸々の被害及び精神的苦痛」と言う2つの理由に対するものを言います。

「価値観の相違」や「性格の不一致」などは離婚理由にはなっても、慰謝料が発生する理由になりません。
慰謝料が発生し易い原因となるものは「暴力行為」、「不貞行為(浮気など)」です。
しかし、これらも明らかな証拠がなければ、虚偽を申告している場合もあると考え、簡単には慰謝料を取れる理由にはなりません。

次に発生しやすいのは「婚姻生活の維持への明らかな非協力」、「性交渉の明らかな不存在」でも同様で立証できなければ意味がありません。

この様に、安易な考えで「あっちが悪いんだから、離婚して慰謝料もぶんどってやる!」なんて簡単に考えていると痛い目にあうのは自分かも知れません。

離婚→慰謝料をとる為に。まずは確固たる証拠を集める

離婚しよう、離婚したい。と考えた時、感情に任せるのではなく、まずは誰が見てもハッキリと相手が悪いことがわかるように証拠集めをする事が大事です。

最初は、人に相談したり、弁護士に依頼したり、探偵事務所を利用したりするのではなく、自分自身で小さな事も客観的に判断出来る様に記録しましょう。

日記が証拠として認定される場合もありますので、日記を書くことを習慣にしてみましょう。慰謝料を少しでも多くとるためです。辛くても日記は書き続けてください。

慰謝料を多くもらえても、もらうまでの費用が多くなっては意味がありません。
出来る限りは、自分の手で証拠を集め、離婚したい気持ちを抑え、感情を抑えて出来る事は自分で全てやりきる覚悟で動きましょう。
証拠は、客観性を持った録音物や写真、書物など。暴力を振られた場合は病院の診断書も頂いてとっておきましょう。

証拠集めが終わるまでは普段通りの生活を続ける

普段と同じ生活を続ける

証拠集めの段階に入ると、自分自身も疲れてきて家庭生活がそれまでと大きく変わってしまう事が多いのですが、これでは相手に利用されてしまいます。
浮気や暴力があり、その証拠集めのために家事をしなかった、出来なかったと言っても、浮気や暴力を証明するものがなければ訴えるだけ無駄です。

粗探しをされて、逆に相手に利用される事がないように、離婚を決意しても完全な証拠集めが終わるまでは出来る限り相手に気づかれないよう、がんばって普段通りの生活は崩さずにいましょう。

慰謝料を考える時はビジネスライクに。感情的にならないように注意しよう

多くの人が慰謝料を感情で語る為に、逆に損をしてしまうケースがよく見受けられます。
と言うのも、慰謝料を自分の感情の額と考えてしまい、額面がいくらかにこだわって、離婚で被る自分自身のマイナス分を全く頭に入れていないからなのです。

慰謝料は「感情の代金」とは考えずに、離婚後の生活費の足し程度に考える事が重要です。
お金持ちならいざ知らず、財産分与や、慰謝料などを手に入れても、離婚時の費用が大きくなるので、慰謝料もビジネスライクに考えなくてはなりません。

例えば、商売をしている人が100万円の売り上げが欲しいからと、経費に99万円かけていれば意味がありません。慰謝料をシッカリ手に入れる為には、マイナス面をどれだけ減らすかにかかってくるのです。

住居にあるものの分配などもシッカリしないと、後々自身で購入する必要が出てきて、結局慰謝料なんてアッと言う間になくなってしまうんです。何事も感情的になると、ろくなことはないと言う事です。

慰謝料の金額をどうやって決めるのか?

慰謝料の算出方法とは?

離婚を考えた人なら誰もが、慰謝料をできるだけ多くもらいたいと思うでしょう。
ですが、慰謝料というものは、ここまででお話ししたように、かなり厳正な証拠をもとに慰謝料の有無が審査されます。

その上、金額はその被害に応じたものだけではなく、相手の収入、財産(借金等も含む)、生活形態や仕事、子供の有無などによっても変わってきます。

どれだけ酷い目にあったとしても、支払えない程の金額を提示したところで、相手に払うお金がなければ何の意味もありません。
離婚ケースごとに、その算出基準は1つずつ変わっていると言ってもいいでしょう。もちろん、慰謝料や養育費に関しては一括で支払う必要はなく、いわゆる月賦払いになります。
その間に、相手の仕事や、生活状況が変われば、再度考慮される場合もありますし、現実的に無いお金を借金をしてでも払えと言っても支払われる事はないのです。

慰謝料の決め方など、より詳しくはこちら
≫「離婚するなら金をくれ!離婚時の慰謝料の相場や財産分与について

結局のところ、慰謝料を多くもらうには冷静に話し合うのが一番

こうして考えてみると、少しでも相手から多く慰謝料を引き出す為には、相手を懲らしめて手に入れるのが賢いやり方とは言えません。

相手に過失があるなら、確固たる証拠を得た上で専門家を交えて、大人同士落ち着いて話し合いをし、譲るべきところは譲ったうえで、最大限の譲歩を相手からも得られると考えるのが正解なのではないでしょうか。

協議離婚で、譲歩しながら相手の譲歩を引き出すのが、結局は最も多くの慰謝料を手に入れる事が出来る方法なのかも知れません。
しかも、相手の誠意という形で。

相手にどれだけ過失があろうとも、自分自身も人間です。完璧な妻、夫として夫婦生活を送っていたとは言えないでしょう。
仲違いすれば、相手もそこを突いてきますし、泥沼化すれば労力に見合った金額として、慰謝料の判例にある最高額300万円では割に合わないのではないでしょうか。

 

「離婚時に慰謝料をできるだけ多くもらう為の7つのポイント」まとめ

いかがでしたか。
今回は離婚の際に、出来る限り多くの慰謝料をもらう方法を考えてみました。

しかし、しないで済む話であれば、離婚は出来る限りしない方が良いでしょう。
もちろん、夫婦2人の家庭であれば話は別ですが、子供がいる場合は、自分の権利を大人が叫ぶ前に、子供の権利と子供に対する親の義務を「人」として考えるべきです。

こんな親ならいない方がマシ、と考えるのはある程度の大きくなった子供であり、幼児や親自身が考える事ではありません。
相手を選び、結婚して子供を生んだ、その子供に対する責任は計り知れない大きなモノだと考えたうえで、離婚と向き合ってください。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。