キスする夢の意味とは?夢占いを参考に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
キスする夢の意味とは? 夢占いを参考に解説

キスする夢・・・見た事無いですか?
目が覚めた後も、なんだかドキドキがとまらなくて、もしかしたら夢の相手を好きになっちゃうかも・・なんて思う人もいるかもしれませんね。

キスをする夢には心理的に何か意味があるのでしょうか?あるとすればどんな意味が込められているのでしょう。

今回は、キスをする夢の意味を夢占いを参考に調べてきましたので一緒に見ていく事にしましょう。

欲求不満なだけじゃない?!キスをしている夢の意味とは?

日常で満たされていないアナタの気持ちが現れている!?

満たされない貴女の気持ちが現れている!?

キスをしている夢を見たあなたの精神状態。それは、あなたが現実世界で満たされない欲求がある事を表しています。

キス→欲求となると、なんとなく性的なイメージが付きまといますが、それだけではありません。
友人関係や、会社の人間関係、思っていても普段なかなか行動出来ない気持ちが欲求不満となって夢に現れているのです。

キスの夢をみたときの大体の場合、精神的に愛情が足りない事が多いので「もっと自分を愛してあげよう」「もっと愛されたい」という自分自身からのメッセージだと受け取ってOK。

「寂しい」「悲しい「心が疲れている」という時に、キスをしている夢を見る事が多いようなので、自分を大切にしてあげるように心がけるとよさそうです。

今の恋愛が上手く行かなくなる兆しかも?

キスをする夢は、あなたが今向き合っている恋愛が上手くいかなくなりますよ。という暗示という意味合いもあります。

特に、自分からキスをしている場合、キスをしている相手の気持ちを何とかして動かしたいという気持ちの表れ。
どうにもならない恋愛に戸惑っているときにも見る夢だとされます。

また、喧嘩などをしてしまう前兆として見る事もあり、自分の気持ちだけが先走っているよ!と教えてくれている場合もあります。
彼氏との関係が微妙な時に、キスをする夢を見たら、自分自身の行動に注意をして取り返しの付かない言動をとらないように気をつけましょう。

好きな相手の事を強く思ったときにキスをしている夢を見る場合も

気持ちを寄せる相手の事を、好きすぎる時に見るキスの夢

人が眠っているときに見る“夢”には願望が強く現れます。
そのために、気持ちを寄せる相手の事が好きすぎてどうしようも無い時にも、その相手とキスをする夢を見る場合があります。

遠距離恋愛であえない日が続いている、好きだけどその人に彼女がいる。という場合、「キスしたい欲求」が夢にまで出てしまう事があるのです。
コレは一種のストレス状態で、自分がどうしようもならないと思い込んでいる事が原因。でも、恋愛は前に進むか諦めて戻るかしかありません。留まって願望だけを持っているうちは、恋愛は前に進みませんよね。

キスする夢をみたら、自分に「勇気を出しなさい」と背中を押されていると感じ取り、行動を起こしてみるのも悪くないでしょう。

同性同士でキスする夢は、恋の行きどまりを暗示しているのかも

女の子や男の子同士でキスしている夢を見た場合、自分の恋が行き止まり状態だという事を暗示している可能性があります。
このままでは、何も動かないよ・・と自分でわかっているのに行動に起こせないでいる。そんな時に、同性とキスする夢をみると言われています。

わかっていても勇気が出ない、そんな恋をしていませんか?このままでは、あなたの恋は行き止まり。前進するには少しの勇気が必要かもしれません。

恋愛したい願望を現している事も

恋愛からしばらく遠ざかっている時にもキスをしている夢を見る場合があるそう。
男っぽい性格でも、本当はおぼれるような恋をしてみたいと思っていたり、結婚相手に家族としてしか見てもらえなくなった自分を、自分が哀れんでいるのです。

「もっと、気持ちに正直になりなさいよ」とキスをする夢を通して教えられているようなもの。
理性と本能この二つのバランスが悪くなったときに、自分の気持ちを収めようとキスをしている夢をみる事もあるのだとか。

 

「キスする夢の意味とは?夢占いを参考に解説」まとめ

いかがでしたか?
今回は、キスをする夢の意味を5つご紹介しました。

キスをする夢は、願望や憧れ、自分の願いが出てしまうものなのですね。どれにも共通して言える事は、「もっと勇気を出して前に進もう」という事。

自分の潜在意識が、あなたに勇気を出して前進する大切さを教えてくれているのです。キスの夢をみたら、恋に対して積極的に行動してみましょう。
きっと、あなたの人生や恋愛が少しずつうまく回りだすはずです。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。