なにこのトキメキ?!と彼の心をわしづかみする初キスの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
なにこのトキメキ?!と彼の心をわしづかみする初キスの仕方

付き合っている彼とはじめてのキス!考えるだけでドキドキしちゃいますよね♪
恋愛心理学の研究によると、多くの男性はセックスよりも、初めてのキスが上手く行くと相手を本気で好きになる傾向が高いという実験結果がでたのです。

彼をときめかせるキスをして、あなたのことを本気で惚れさせてみませんか?
今回は、彼の心をわしづかみにする初キスのしかたについてお話を進めます。

彼のハートをわしづかみにしちゃう初キスの方法

追いかけたくなる男性心理をつついて!焦らしに焦らして胸きゅんキッス

男性って女性に焦らされるとよけいに萌えるという人が大多数。

  • キスをしようとしたら恥ずかしそうにうつむく彼女にキュン
  • キスしようと思ったらそらされたので強引にキス!なんかドキドキした
  • 何度かじらされた後のキスって燃える!

と焦らしに関する胸きゅんエピソード多数!

でも、あまりに焦らされすぎると「嫌われてるのかも」と不安になる男性もいるようなので、じらすのも2~3回くらいまでにしておいたほうが無難かも。
特に、草食系男子だと焦らしをお断りだと捉える人もいるので要注意です。

守りたくなる!?服をギュッと掴む「掴みキス」に萌え~

服をギュッと掴む「掴みキス」に萌え~

キスをしている時、女性が男性の横腹の辺りに手を添える事ってありますよね。
あの応用で、服の横を両手でギュッと掴むのが男性にとって胸キュンポイントになるのだとか。

  • 一生懸命答えてくれてる感じがうれしい
  • 慣れていなくて緊張している感じが伝わる

という意見がでていましたよ!
確かに何かにぎゅっとつかまる姿って、少し幼いイメージが出るので、「慣れていない」「緊張している」という意味合いを態度で示すにはよい方法かも。

好きな気持ちを行動で示す!セカンドキッスで高感度アップ!

男性からキスされた後、普通はそこでキスは終了なのですが、「もっと!」「足りないよ」という意味合いを込めて、女性の方からセカンドキスを仕掛けるという方法もあります。

お付き合いして初めてのキスは、男性もすっごく緊張しているもの。「今、タイミングじゃなかったかな?」「嫌われたらどうしよう」なんていうふうにすごくビビってしまってるんですよね。

ここで、このセカンドキスを仕掛けると男性に「私だってキスしたかった」と無言で伝えることも出来ます。
「嫌ってないよ!大丈夫だよ」と態度で示す事で男性の心をほぐし、「もっと大切にしてやりたい」という気持ちを芽生えさせます。

激しいのはNG。控えめディープで彼をメロメロ~に

少年少女でもない限り、初めてのキスでも舌を絡める事もありますよね。
でも、最初から女性が強引に舌をベロンベロンするのも、はしたなくビッチな感じがしてお奨めできません。激しすぎるキスは「何人付き合ってきたんだよ」「経験豊富そう」と思われ、男性の自信をそぐ結果になってしまいます。

お付き合い最初のキスは、ディープキスをするにしても控えめにしておきましょう。舌先で、彼のしたをつつくくらいのイメージがベスト。

彼に「なれてないのかな?」と思わせる事で「俺がリードしなくちゃ」「守ってあげなくては」という気持ちをより強くさせることができるでしょう。

キスが終わったら笑顔でぎゅっと彼に甘えよう♡

キスが終わったら笑顔でぎゅっと彼に甘えよう♡

キスは口をつけている間だけではありません。終わった後の行動もとっても重要。

キスが終わったら、彼に笑顔を見せてちょっと恥ずかしそうに彼にしがみつきましょう。抱きしめるという感じではなく「恥ずかしくてたまらない」という雰囲気をかもし出すのがよさそう。

そんな貴女の態度を見て、彼は内心ムラムラ状態。
でも、そのムラムラ状態をぐっと我慢させるのが、この後のお付き合いを長続きさせるための大切なポイントです。

「大好き」「うれしい」などの言葉と同時に照れくさそうにモジモジしましょう!間違っても「キスなんてなんてことないよ!」みたいな態度はやめましょうね。

 

「なにこのトキメキ?!と彼の心をわしづかみする初キスの仕方」まとめ

いかがでしたか?
今回は、彼をときめかせるキスのしかたを5つ紹介しました。

お付き合いしてから最初のキスは、二人にとってもとても大切な思い出になります。
ご紹介した5つの方法をしっかり頭にいれて、実行してください。きっと、彼のハートを鷲づかみにし、あなたを大切にしたいという気持ちが芽生えてくるはずです。素敵な恋を楽しんでくださいね♪

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」

SNSでもご購読できます。