結婚は二人だけの問題じゃない!ストレスのないご両親との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
結婚は二人だけの問題じゃない!ストレスのないご両親との付き合い方

相手ご両親・ご家族とは、彼氏彼女でお付き合いしている間はうまくいっていたのに、いざ結婚となるとなかなかうまくいかないのが世の常。
結婚した途端、いや結婚が決まった時点から相手のご両親やご家族とのいざこざが…なんて言うのはよく聞く話です。

特に彼のお母さんとうまくいかない、俗にいう嫁・姑問題ですね。それが原因で夫婦喧嘩が絶えないなんてこともよく聞きます。
せっかくお互いが想い合って結婚に至ったのに、夫婦のこと以外のことが原因で離婚なんて、シャレになりませんよね。そんなことにならない為にも、相手ご両親・ご家族とどのような付き合いをすればストレスなく過ごせるかご紹介します。

甘え上手になる

甘え上手になる

人は誰でも頼りにされると嬉しいものです。年配の方、お姑さんとなると何かとお節介をしたくなるものです。
そこを利用しない手はありません。これくらいのことなら自分たち夫婦で解決出来る、自分で出来るなんて思わないで下さい。

甘えるのは苦手だって方もいらっしゃるでしょう。苦手だから甘えない。ではなく、ほんの些細な事からでも構いません。
彼が子供の頃に好きだった料理やお母さんの味を教えて欲しい。その一言だけで良いんです。実際に教えて貰わなくても良いんです。彼にまつわる何かをお姑さんに聞くだけで、健気で可愛い嫁って思われたりするんですよ。

彼や彼の家族の悪口を言わない

何年も一緒に生活し、育ててきた我が子の悪口なんてどこの親も聞きたくありません。
我慢が出来ずついポロッと口にすることがあるかもしれませんね。ですが、それは結果的にそういう育て方をしてきたご両親の悪口を言っているのも同然のことなんです。
どんなに腹の立つことがあったとしても、それをご両親や彼の兄弟などに言ってしまうのはやめましょう。

世間の主婦はダメなことだとわかっています。だから主婦同士で集まると彼や彼の家族のことを愚痴っていることが多いのです。そこで発散して家には持ち帰らないようにしましょう。いくら彼がご両親の悪口を言ったとしても、そこはやんわりと聞き流し同調しないように気を付けて下さいね。

聞き流し上手になる

聞き流し上手になる

家庭環境が違えばほとんどのカップルは価値観が違います。
二人であれば納得いくまで話し合いをして価値観の違いを埋めていくことができるでしょう。
ですが彼のご両親においても同じように埋められるかと言えば難しいですよね。

そんな価値観の違う、そして年齢も違う人からのアドバイスや小言なんて言うのは、耳の痛い話が多いものです。
甘え上手に色々話は聞いていくのがベストですが、聞きたくないことまで真剣に受け取る必要はないと思います。聞いたふりをしていれば良いのです。上手な相槌が打てれば良いのです。大抵の年配の方は、話すだけ話せば満足しています。

それに日によって話すことが変わって、この間言っていたこととは違うな…と言うことがよくあります。いちいち真に受けていたら疲れるだけですから、上手に聞き流せられるようになりましょう。

お互いに干渉しない

これは少し難しい問題かもしれませんね。若いご夫婦には仕事や子育て、趣味や友人との付き合いと広い世界のお付き合いがあるかとおもいます。
ですが、年配の方で趣味を持ってアクティブに動き回って忙しいなんて方は中々いらっしゃらないでしょう。
本当はお互いが忙しくあれば自分たちのことで精一杯ですので、お互いを干渉し合うことはほぼありません。

ではどうすればいいのか…彼を使って、ご両親に何か趣味を持ってもらうように働きかけるのも一つの手だと思います。
最初のきっかけさえ与えてみればすんなりと趣味になるなんてことも有り得ますよ。
その為にも普段からご両親の好きなことや興味を持ちそうな事を探っておくのがいいかもしれませんね。

自分で言える関係を築けるのが最善ですが中々難しいものです。まずは彼をうまく使えるようになれればいいですよね。

なんでも「教えてください」と質問する

なんでも「教えてください」と質問する

甘え上手に通ずる部分がありますね。
「嫁に来たんだから〇〇家のやり方を覚えなさい」なんて実際には言わなくても、そのような考えをしている方は多いものです。

ご両親がどんな考え方なのか、わからない間は特に問題ありませんが、ご両親の意向に沿った行動をした方が余計な揉め事も起きないはずです。
どんなことでもなんでも「教えてください!」と聞いて様子を見ましょう。

結婚生活が何年も立てば、要領も得るでしょうから実際に行動するかどうか、そもそもそのスタンスを貫くかどうかは、また考えていけばいいと思います。

誕生日・イベントを大事にする

家族の誕生日には必ず感謝の気持ちを伝えて下さい。
そして高価なものでなくても構いません。何かプレゼントをすることを忘れないで下さい。毎年のことですので、高価なものだと負担も大きいでしょう。気持ちの問題です。そしてご自分の両親と差が出ないように心掛けましょう。

それからイベントもなるべく一緒に過ごしてみませんか?
新婚夫婦だと二人きりで過ごしたい気持ちは十分わかります。実際には過ごさなくてもいいんです。「今年のクリスマスですが一緒にお食事しませんか?」と一声かけるだけでご両親の印象は違うはずです。良き妻、良き嫁と思われることで今後のお付き合いが変わってきますから。

メールや電話で近況報告をする

メールや電話で近況報告をする

遠くにお住いのご両親であれば中々顔を見ることができません。子供夫婦がどういった状況で過ごしているのか心配するのが親心です。
心配しすぎてしょっちゅうお姑さんから連絡が来て困ると言う事のないように、遠くにお住いの方はもちろん、近くにご両親がお住まいだとしても、定期的にこちらから連絡を入れる方が安心して頂けると思います。

攻撃は最大の防御。先にこちらから近況を報告しておけば、相手ご両親から連絡がくることは少なくなるでしょう。その際にメールであれば写真等を付けていれば、さらに喜ばれると思います。

所詮は他人だと言う事を忘れない

どれだけ歩み寄ってみてもわかりあえないのが他人です。
彼のご両親にありのままの自分を気に入って貰えるのが一番ですが、なかなかうまくはいきません。自分の両親と比べるなんてもってのほかです。
比べてあれが違うこれが違うと不満を言うのはよくありません。

言われる彼もそのご両親の元で育ってきているので、分かり合えるのに時間も必要となります。お互いが気分を害することになってしまいますよね。
ですから決して比べることなく、良い所を見つけてそれを取り入れることで、二人の生活がより良い物にする方が今後の為になることでしょう。

 

「結婚は二人だけの問題じゃない!ストレスのないご両親との付き合い方」まとめ

いかがでしたでしょうか。
恋愛期間が短いと彼のことはもちろん、彼のご家族に対してわからないことが多いまま結婚することになりますよね。

結婚をゴールとして考えていると、その先の長い結婚生活が苦痛になってしまいがちです。
育った環境が違う、価値観の違う者同士が結婚して仲良く結婚生活を送っていくには必ず努力が必要になります。

二人だけの問題でなくなるのが結婚です。彼のご両親に気に入られるのはもちろんですが、あなた自身も彼のご両親の良い所を探してみてください。
自分が嫌いと思っていると、相手も同じようにいい印象を持っていないことがほとんどです。

自分からご両親の懐に入り込んで、要領よく動けるようになるのが一番です。そして彼には自分の一番の理解者になって貰いましょう。彼がご両親との仲を保ってくれるように動かすのも貴方の力量が試される所です。

永遠の愛を誓った同士ですからストレスなく生活出来るように願っています。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。