夫がダブル不倫・・・。不倫相手への慰謝料請求で気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夫がダブル不倫・・・。不倫相手への慰謝料請求で気をつけたいこと

旦那がダブル不倫をしていた!
そんな事態が発覚したら貴女ならどうしますか?

旦那さんの事が大好きだった場合、「旦那は許せても、相手の女が許せない」という思考になり、慰謝料を請求しようと考える人もいるかもしれません。
でも、ダブル不倫の場合、相手の旦那様も被害者なわけですから、間違った慰謝料請求をしてしまうと揉めに揉め面倒くさい事になってしまうケースも多いんです。

今回は、夫がダブル不倫・・・。不倫相手への慰謝料請求で気をつけたいことについてお話を進めていきます。

ダブル不倫発覚時に、不倫相手への慰謝料請求で気をつけたいこと

ダブル不倫には被害者が2人いる

ダブル不倫というのは、お互いに既婚者同士の異性が体の関係を持つ事です。
自分の旦那がダブル不倫をしていた場合、被害者は2人いる事になります。

自分たちの夫婦でいうなら、夫は加害者、向こうの夫婦の女性も加害者ですよね。
そして、自分はもちろん被害者ですが、相手の旦那様も又被害者なわけです。

ということは、自分が慰謝料を請求した場合、相手の旦那様からもこちらに向けて慰謝料が請求される事になります。

自分たち夫婦が離婚するのなら慰謝料はガツンと請求しよう

自分たち夫婦が離婚するのなら慰謝料はガツンと請求しよう

もし、旦那がダブル不倫をしていたことが許せず離婚をする場合、自分は相手の女性に向けて慰謝料の請求が出来ます。
また、自分の夫に対しても「傷つけられた」という理由で慰謝料を請求する事だってできるのです。

たとえ、向こうの夫婦側の男性(夫側)が慰謝料を旦那に向けて請求してきたとしても、自分が離婚するのであれば負債は夫だけのもの。しったこっちゃありません。
自分と夫とは今後係わり合いが無いので、自分は自分の慰謝料を請求すればよいのです。

でも、万が一浮気をした夫を許したい、離婚したくない。けれど相手女性に対しては慰謝料請求はしたい!というのであれば問題点があります。
その問題点とはどんな事なのか考えていきましょう。

もし離婚を選択しなかったら泣き寝入りになる!?

もし、貴女が旦那様と離婚をしないで、相手に慰謝料請求はする。ということであれば、話しは大きく変わってきます。
自分が相手の女性へ慰謝料を請求すれば、向こうの旦那様も黙ってはいません。

「俺だって傷つけられたんだ!お前の旦那にな!」という風になってしまうわけです。
そして、被害者である自分と、向こう側の夫婦の被害者である夫がお互いに慰謝料を請求し合うという形になってしまいますよね。
そうなると、不利になるのは旦那さんが浮気をした方のご家庭です。

なぜなら、向こうの夫婦は奥様の方が浮気していたわけですよね。
男性が女性をそそのかせて浮気をするというのが世間一般的な見方なので、裁判をしたとしても自分が請求する額よりも、多くのお金を請求される事になりかねません。

現に、ダブル不倫をしていた相手方の夫に、自分の請求した慰謝料の倍額を請求されたというケースもあるのです。

離婚して人生が救われるケースも

離婚して人生が救われるケースも

私はけして離婚を勧めるわけではありません。
でも、こういったケースもあります。

相手夫婦が離婚をして、不倫された被害者の旦那様が自分の奥様と、貴女の旦那様に向けて慰謝料を請求する場合です。
そうなると、こちらの家庭に支払いの義務が生じますので生活はもちろん苦しくなりますし、法律的に見れば、「私は何も知らない!あなたが自分の財産から払えば?」と旦那に突きつけることは出来るんです。

でも、一般的に夫婦の財産は共有という考えです。
旦那様に支払い義務が生じるということは、家庭のお金が減るという事になってしまうのです。
もちろん生活は苦しくなりますし、子供がいれば子供にも迷惑がかかります。

このような最悪な状況になった場合は、離婚をして籍を一旦抜き、落ち着くまで別々に暮らすというのが一番良い方法になるかもしれません。

 

「夫がダブル不倫・・・。不倫相手への慰謝料請求で気をつけたいこと」まとめ

お互いの夫婦が離婚しない場合は、事を荒げると損をするのは貴女です。

離婚を考え慰謝料をむしりとる選択をするのが一番心は和らぎます。
でも、旦那様のことが好きな場合、離婚が難しい・・・それなら我慢するしか方法はありません。

ダブル不倫で問題なのは相手の家庭にも被害者がいるということ。
感情に流されるがまま、慰謝料請求や裁判に持ち込もうとすると痛いしっぺ返しがあるかも。

もし、それでも慰謝料の請求をしたいのなら、法律のプロにお話しを聞くのが一番です。
細かい夫婦関係などから、自分が一番納得できる方法を選んでもらえるでしょう。

大阪、兵庫、京都のレンタル彼女「プチカノ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。